クリーニング歳時記 11月(霜月)

デアのクリーニング歳時記

11月 財布

秋も深まり、だいぶ寒くなってきましたね。
11月のなかごろには、早々に、12月のクリスマスに向けてイルミネーション点灯が始まる街もあります。落ち葉がたくさん舞う街並みを見ていると、ちょっと寂しい気持ちになります。

この時期にお手入れをおすすめしたいのはずばり、いまお持ちの「財布」です。

財布は毎日必ず使うひとが多いと思いますが、いま使っている財布、いつ手入れしましたか?
ボロボロになってきていて汚れているけど、買い替えをするからそのままにしている、というひとは、秋に財布の買い替えをするのはやめたほうがいいそうです。
ちょっと験担ぎ(げんかつぎ)のような話になりますが、金運的に秋の財布の買い替えは「秋=空き財布」になるそうで、よくないと言われているのです。
手入れや修理、クリーニングをして、ちょっと買い替えを待ちましょう。(春に財布買い替えをするのが一番良いそうです。「春=張る財布」になるのだとか。)
金運をアップさせるとか、験担ぎ(げんかつぎ)などは信じていないし気にしない、というひとも、いま財布の手入れや修理、クリーニングをしておいたほうがいい理由があります。

12月に入ればすぐに忘年会シーズンが始まります。働いている社会人ならば、楽しくお酒を飲んだ後、人前で財布を出してお金を払ったり、おごってあげたりすることも増えるのではないですか?
あまりにも汚れていたり、みすぼらしくなっている財布は、同僚にも部下にも、友人にももちろん、恥ずかしいから見せたくないですよね。

さあ、11月のうちに、財布をキレイにしてしまいましょう!

【11月にしておきたい財布の手入れの方法 革財布の手入れ】
お財布は材質別にさまざまなものがあります。
まずは革財布から手入れ法を見てみましょう。
日々のお手入れは、柔らかい布で、こまめにから拭きをしておくこと。布は綿100%のはぎれや、眼鏡拭きなどでOK。ヒトの手の皮脂や、ちょっとした汚れなら、から拭きで十分に落とすことができます。

汚れがひどくついた場合は、ブラッシングしてから、革専用のクリーナーを慎重になじませて使うのもいいでしょう。
使い古しの歯ブラシなどで、革財布の縫い目や細かい部分のホコリやチリを取り除き、その後柔らかい布にクリーナー剤を少しつけ、優しく汚れの部分を拭きます。

革の表面がパサついて乾燥してきたなら、革製品用の保革クリーム・保革オイルを塗りましょう。油分が補給されて、革がひび割れにくく、汚れもつきにくくなります。
保革クリーム・オイルは少量を柔らかいスポンジにつけて、薄く財布全体にのばします。
保革クリーム・オイルを塗って30分ほど乾かしたら、革に対応した防水スプレーを軽く財布に吹きかけておくのもおすすめです。細かいキズや汚れがつきにくくなります。

革の財布でも、コインやお札を入れる内側の部分は布でできていたりしますが、コインやお札の汚れがついて黒ずんできやすいのが難点です。

そういった場合は、このように手入れしましょう。
おしゃれ着用液体洗剤を少量水に溶かした溶液で布を濡らし、かたくしぼって気になる黒ずみの部分を拭きましょう。2~3度繰り返し拭いて、汚れがとれてきたら水だけで濡らしてしぼった布でさっと残った洗剤溶液を拭きとります。風通しの良いところに財布を開いたまま置き、内側の湿気を飛ばしましょう。

もしもお気に入りの高価なブランド革財布に大きなキズや黒ずみ、シミがついてしまった場合は、財布クリーニング&修理専門店に依頼し、クリーニングと修復をしてもらうのもおすすめです。

キズや黒ずみ、シミはまず家庭での手入れでは改善が見込めませんので、財布クリーニング&修理専門店でクリーニングとリカラー(リカラーとは:革製品・布製品のキズや汚れに、地の色と同じ色を上塗りして、キズや汚れを目立たなくさせる修復技術)をしてもらうのもひとつの手です。

うまく専門店も活用して、キレイなままお気に入りの革財布を使いたいですね。

【11月にしておきたい財布の手入れの方法 エナメル製財布の手入れ】
エナメル製の財布の手入れは、普段から柔らかい布を少し濡らしてしぼった布で、ふき取りをしておくことと、それにプラスして、エナメル専用クリーム・ローションで表面を磨いて汚れを取り、キズをつきにくくしておくことです。(革製品用のオイルやクリームで代用することはできません。)

エナメル用ローションは柔らかい布に少量とって、薄く財布全体に塗ります。ローションが乾ききる前に、乾いた布で全体をふき取って終了です。
また、エナメルは防水スプレーを使用できません。シミの原因になってしまいますので、防水スプレーは使わないようにしましょう。

エナメル全体が黄ばんだり、ひどい汚れがついたり、カドの部分がひび割れたりハゲてしまった場合には、家庭での手入れでは解決しません。

多くの財布クリーニング&修理専門店でもなかなか取り扱いがないのですが、「エナメル再加工」という一部の財布クリーニング&修理専門店が扱うエナメル修復技術で、エナメルのひび割れや色移りによるシミや黒ずみ、ひび割れなどは、キレイに修理することができます。

エナメル再加工は一度表面のエナメルをはがし、汚れや黄ばみ、シミや黒ずみなどを除去して、再度コーティングするという非常に難しい技術です。

限られた財布クリーニング&修理専門店しか取り扱っていない方法ではありますが、お気に入りのエナメル財布がいたんでしまったら、専門店に修理依頼をしてエナメル再加工をしてもらうのがおすすめです。

11月に財布をキレイにすることができたら、忘年会シーズンも安心して楽しめます。後輩や部下におごってあげるときにも、手入れしたキレイな財布ならば、レジでスマートに支払いを済ませることができますね。

お金はキレイな環境が好きとも言いますし、お財布がキレイになれば年末にかけての金運も上がることでしょう!

クリーニングのデアの宅配財布クリーニング

クリーニングのデアは、簡単なインターネットでのご注文から始まる3ステップで財布のクリーニングが完了します。

  1. 注文フォームを入力、注文する
  2. 弊社提携の佐川急便の集荷サービスで梱包した財布を引き渡す
  3. クリーニングが終わるとご指定の住所へ発送。キレイになった財布がお客様のお手元へ

使い込んでキズや汚れがついてしまった革の財布、ルイ・ヴィトン、グッチ、シャネルなどのヨーロッパの有名ブランド品の高級財布も、ぜひお任せください。

大切にしているお財布の外側・内側クリーニングはもちろんのこと、財布のシミ・汚れを目立たなくするリカラーや、革の財布のイメージをがらりと変える色替え、財布についてしまったカビ取り処理や壊れてしまったファスナー交換など、各種の財布修理メニューのご用意があります。

また、デアはエナメル製のお財布(および、エナメル製のバッグ・ポーチ・キーケースなどもお取り扱いしております)のキズ修復・汚れ取り処理の「エナメル再加工」もお取り扱いがございます。

ぜひお気に入りのエナメルのお財布のクリーニング・修理でお困りの際は、デアにお声がけください。

いつでもインターネットより、財布クリーニング&財布修理のご注文をお待ちしています。

デアのクリーニング歳時記 12月もお楽しみに。