ウェディングドレスクリーニングの工程

ウェディングドレスのクリーニングについてご紹介します

入庫・検品

検品ウェディングドレスは、洗う前に、入念に検品されます。

前身頃、スカート部分、引き裾の裏側、ファスナーやビーズの状態、コサージュなどの付属品のチェックを細かく記録し、洗い場に伝えていきます。

洗い

洗いほとんどのウェディングドレスは、トレーン部分の引き裾の裏側が汚れており、ブラシを使って除去していきます。

長いトレーンのドレスの場合、除去するのにまれに1時間もかかることがあります。 汚れを落として、かつ素材の良さを落とさないのがポイントです。

染み抜き

染み抜きウェディングドレスは白いだけに、シミがついたら目だちます。ワインやウーロン茶、またドレスにかかった透明な飲料でも、 放っておくと、酸化、変色しますので、必ず除去しておく必要があります。

酸化、変色してしまったシミ、ひどい汚れには漂白作業を行います。
※通常の染み抜きで取れないものは別途料金となります。

乾燥

乾燥繊細な素材のウェディングドレスは、約50度の遠赤外線乾燥室でゆっくりと低温乾燥させます。

これがドレスのシルエットを崩さない乾燥方法です。

仕上げ

仕上げウェディングドレスの美しいシルエットを復元する仕上げ・アイロン掛け作業です。

仕上げは広範囲になるため、二人がかりで作業します。

出庫・検査

出庫検査もっとも汚れの多い裾部分の汚れが十分落ちているかどうかを、入庫検品の記録なども参照しながら、入念にチェックします。
汚れ除去が十分でない場合は、再処理されます。

ご注文はこちら