ウェディングドレスの裾汚れ

ウエディングドレスクリーニング

東京都 台東区 A.T.様

クリーニングをお願いしていたウエディングドレス・ヴェール・手袋・ビスチェが届きました。

ウエディングドレスは裾がかなり汚れていたと思いますが、真っ白になっています。

一生に一度の記念の品なので、10年保管の真空パックで大切にしまっておきます。

クリーニングのデアさん。

新たな生活でもお世話になります。

どうぞ宜しくお願い致します。

【デアからのメッセージ】

この度は、ウエディングドレスクリーニング、真空パックをご利用いただきまして誠にありがとうございました。
ウエディングドレスの裾汚れは、ガンコな汚れであることが多いため普通にクリーニングしてもなかなか汚れは落ちません。
デアのウエディングドレスクリーニングは、一点一点職人の手洗いをしているため、ガンコな汚れも落とすことが出来るのです。
一生に一度の大切なウエディングドレスを大切に保管して下さい。
布団や衣類、バッグなどさまざまなクリーニングをしていますので、今後はそちらをご利用いただければ嬉しいです。
またのご利用心よりお待ちしております。

参考価格:プリンセスライン 10,500円、トレーン(取り外し不可)60cm未満 3,200円、ビーズ・スパンコール付 1,000円、ビスチェ(セパレートタイプ・上) 2,000円、婦人グローブ(ロング) 1,600円、ベール 100cm未満 2,000円、真空パック(一括) 8,400円、集荷キット 250円、往復送料 サービス、合計 28,950円

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

楽しいウエディングドレスのセレクト

ウエディングドレスの選択

結婚式を決めたあなたが一番気になるのは、ウエディングドレスではないでしょうか。
ウエディングドレスは結婚の象徴ともいえますよね。
ドレスを選ぶ時、最初に選択するのが「レンタル」「セル(販売)」「オーダー」のどれにするかということですよね。
レンタルドレスは、購入するよりも安く着ることが出来るのが良い点です。
セルドレス、オーダードレスは、個性を出したい方にピッタリ。
デアにウエディングドレスクリーニングを依頼されるお客さまは、ほとんどがセルドレスとオーダードレスを選択された方です。

素晴らしい思い出になるロケーション撮影

ロケーション撮影

最近「ロケーション撮影」をされる方が多くなっているようです。
ロケーション撮影は海岸や草木が多い場所など、見た目に美しい写真撮影ができるという理由から選ばれることが多いですよね。
ロマンティックな夜の撮影なども、雰囲気が出てステキです。
また、海外挙式の場合は外での撮影が多いものです。
こんなロケーション撮影の後、ドレスはかなり汚れているものです。

ウエディングの裾汚れ

このように、ガンコな裾汚れは水洗いクリーニングをしなければなかなか綺麗に落とすことができません。
ドライクリーニングをした場合、汚れが落ちきれていないため黄ばんでしまったという衝撃の事実が発覚することがあるのです。
数時間の使用とはいえ、着用するとどうしても汚れが付いてしまうもの。
綺麗に保管しておきたいという方は、水洗いクリーニングをすることをおすすめします。

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください