ランドセルの寄付やリサイクルが流行中!

randoseru

今、大人ランドセルが流行っているのはご存知ですか?
日本だけでなく、世界中の人たちから日本発祥のランドセルが注目を集めているようです。

ランドセルを小学校卒業後も使用する方法

ランドセルは、基本的に6年間使うことが前提のためとても頑丈なつくりになっています。
なので、卒業した後でもまだ使えそうなランドセルが意外に多いのです。
そこに注目したのが、国際支援団体。
日本の子供たちが使った後のランドセルを寄付してもらい、発展途上国の子供たちに使ってもらおうという動きが活発になってきているようです。

また、お子さまの年齢が6年以上空いている方は上のお子さまが使ったランドセルを下のお子さまに使ってもらう、そんなこともできるんですね。
家族内でリサイクルする場合、いかにも古びたランドセルを1年生の時から使うのはちょっとなぁとお考えの方はいらっしゃると思います。
そんな時にデアのバッグクリーニング、リカラーを是非ご利用下さい。

サイドのスレを目立たないように補修

このランドセルのクリーニング+リカラーをご依頼いただきましたお客様の要望としては、スレと黒ずみの除去と、金具のくもりを取って欲しいという要望でした。
またサイドのネームプレートにお名前が入ってしまっていたので、それを取り外してほしいということでした。

ビフォー
randoseru_b1
アフター
randoseru_a1

リカラーとは、元のお色に近い部分を探してそのお色を全体的に吹き付ける作業です。
縁の部分のスレが、綺麗になくなっているのがお分かりになると思います。

使う人が気持ちよく使えるために内側もクリーニング

ランドセルの内側の汚れは、やはり気になりますよね。
給食の牛乳を入れて帰ったら漏れていたとか、小学生の6年間にはさまざまなことがあるからです。

ビフォー
randoseru_b2
アフター
randoseru_a2

このランドセルの内側は、よくあるインク汚れが縁に付いていました。
インク汚れとは言っても、インクの種類はさまざまで素材との相性もあるため、どのランドセルでも落ちると言い切れないところはあります。
しかしこのランドセルは比較的綺麗にインク汚れが落ちたのではないでしょうか。

金具に輝きを持たせて新品気分

ビフォー
randoseru_b3
アフター
randoseru_a3

裏側は、元々汚れが少なかったのですが、金具をご覧いただければ輝きが増したのがご確認いただけると思います。
くもった金具が、ぴかぴかになっているのがお分かりになるでしょうか。
汚れによっては綺麗に落ちないものもありますが、落ちる汚れを徹底的に落とすことで、お古かもしれないけど使うお子さまが楽しみになるようなランドセルに生まれ変わったのではないかと思います。
このランドセルをご依頼されたお客様は、撥水加工がご希望でしたので付けていますが、今はランドセルカバーでかわいい柄のものがたくさん販売されています。
そんなカバーを何枚かそろえて楽しむというのも、今の小学生のトレンドかもしれませんね。
新品ランドセルを購入することを考えれば、格安なのではないでしょうか。

ランドセルのお手入れ方法

  • 雨に濡れたら、すぐに柔らかい布で拭くいた後、陰干しをする。
  • 夏などランドセルの背中側に汗が付いていることがあるので、乾いた布で拭いて陰干しする。
  • 人工革皮の場合は、薄めた中性洗剤を含んだタオルを固く絞り拭いた後陰干しする。
  • ランドセルの中の埃をブラシを使って優しく取り除く。

お客様の声を頂きました!

静岡県 静岡市 K.T.様

ランドセルが届きました。
丁寧に梱包されていて、うれしかったです。
お願いしていたとおりで不備はありません。
大事に6年間使っていきます。
有難うございました。

参考価格:ランドセル クリーニング+リカラー 15,000円、撥水加工 3,000円、合計 18,000円

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください