種類も多くて複雑なウエディングドレス

クリーニングと仕上げの大切さ

topics_4750

ウェディングドレスには、多くの種類があり、購入ドレスや、レンタルドレスでもほとんどがオーダーメイドされます。同じものがふたつとないオリジナルのドレスです。

素材の生地も、シルク、合成繊維、サテン、チュール、オーガンジーなどその組み合わせは限りなくあります。ウエディングドレスのタイプも、Aライン、プリンセスライン、エンパイア、ベルライン、スレンダーなど形も豊富です。

出庫検査

ドレスのクリーニングも、それに合わせて行わなければならないので、どうしても手洗いが中心となります。

topics_4747

またドレスは装飾も多く、手の込んだ刺繍にビーズ、スパンコールなどがあしらわれており、すてきなドレスが多くあります。

topics_4746

これらはすべて、ツヤや形がそこなわれることなくクリーニングされます。

topics_0557b

上の写真は汚れたトレーンです。
ウェディングドレスのスカートの後ろがわ、いわゆる引き裾、トレーンと呼ばれる部分の裏側は、地面に引きずられるのでひどく汚れます。
ドレス専門のクリーニング店でも、そこは汚れが残ると言います。

ドレスクリーニングのデアの工場では、その部分を徹底的にキレイにすることをモットーに作業をしています。

topics_9463

トレーン(引き裾)は洗浄力の高い100%天然石けんを使用してブラッシングしていきます。トレーンは面積が大きく、汚れの範囲が広いので、時間をかけて除去していきます。

topics_0613b

汚れが除去され、すっかりキレイになりました。
これをキレイにすることもあって、クリーニングのデアのドレス料金は、トレーンの部分はオプション料金となっています。
ドレスの中にはトレーン部分がないドレスもありますので、ドレス料金を一緒くたにするのではなく、公正にすることを心がけています。

topics_4704

ウエディングドレスクリーニング工程のもう一つ重要なところは、仕上げの技術です。
スカートの中にオーガンジーなどのスカートが何重にも入れられていて、シルエットをふくらませるパニエの役割を持つなど、ドレスの構造はとても複雑です。

topics_4706

アイロン台に押さえつけてのプレスができないので、二人がかりのアイロン作業となります。

topics_4751

業務アイロンから出る蒸気の力を利用して仕上げていきます。
アイロンの手元のレバーで蒸気の量を調節しながら、ドレスに当て方も微妙に調節しながら、仕上げていきます。

topics_4726b

最後に仕上がったドレスをすみずみまで点検して、お客様に出荷されます。

 

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

ウェディングドレストピックス関連記事

  1. 2018年春夏ブライダルトレンドは? 2018年春夏ブライダルトレンドは?
  2. 挙式の後は、綺麗&コンパクトにウェディングドレスを保管 挙式の後は、綺麗&コンパクトにウェディングドレスを保管
  3. 購入ドレスは水洗いがいい◎海外挙式やフォトウェディングはこんなに汚れる! 購入ドレスは水洗いがいい◎海外挙式やフォトウェディングはこんなに汚れる!
  4. 種類も多くて複雑なウエディングドレス 種類も多くて複雑なウエディングドレス