トピックス

ダウンジャケットの祭典?平昌五輪の開会式

デアは平昌オリンピックを応援しています いよいよ2/9から平昌五輪が始まりましたね。 今年2018年の冬は、何といっても平昌五輪が大イベントです。 私はフィギュアスケートの男子シングル金メダル候補筆頭である羽生結弦選手を特に応援しています。 既にソチ五輪の金メダリストである羽生選手ですが、1952年のディック・バトン以来66年ぶりのオリンピック2連覇が出来るかどうか注目され...続きを読む

自分でできる【UGG】アグのムートンブーツ簡単お手入れ方法

UGG アグのムートンブーツは足元の最強の防寒シューズ 冬本番といった厳しい寒さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 こんな寒い時、体の中で一番暖かくしておきたいのは、足元ではないでしょうか。 風の強い日は、足元から「冷え」がやってきますし、男性女性問わず「寝る時に足が寒くて眠れない」という冷え性をお悩みの方も多いですよね。 そんな冷え性のあなたに一番安心なのが、ムート...続きを読む

今日からできる簡単ストレス解消法~ぬいぐるみ活用3つのポイント

あなたは、最近ストレスを感じていませんか? 学校や会社での人間関係、学業や仕事の悩みなど、生きていると人間はストレスにさらされています。 そんなストレスによって、不眠症になる人が最近増えているようです。 不眠症まではいかなくても、寝るまでに時間がかかるというような人は多いのではないでしょうか。 そんなストレスを感じている人のために、今日から出来る簡単ストレス解消方法をご紹介しようと...続きを読む

ハゲてヤセてしまった犬のぬいぐるみクリーニングと綿入れ・植毛修理

毛並み再生して生まれ変わった犬のぬいぐるみ ふっくらとかわいいお顔をしていましたが、抱きしめていたせいか背中の毛がハゲてしまっていた犬のぬいぐるみ。 大切に扱っているつもりでも、長年一緒に過ごしているとどうしても毛並みが変化してしまいます。 ふわふわしたぬいぐるみにしたいという持ち主の方のご希望でしたので、出来る限り毛並みが良くなるようにクリーニングと修理をさせていただきました。 ...続きを読む

カビの生えた革ジャンをリカラー(染め直し)でリユース

カビとレザーのお話 ご存知の通り、日本は湿気の高い国です。 気象庁のデータによると、2017年度の東京の湿度は5~10月は70%以上、湿度が50%以下の月は2月しかないといういわば湿気大国です。 湿度が高い国というのは、どうしてもカビの発生に悩むことになります。 そこで、今日はカビとレザー衣類について考えてみようと思います。 カビ発生の4要素 カビの種類は、約7万種...続きを読む

毛皮とフェイクファーのお手入れ方法

毛皮製品を取り扱う時の注意事項 毛皮は涼しいところが好き あなたは毛皮製品を持っていますか? 今年は、ファーの付いたバッグなどが流行っているようですね。 また、ダウンジャケットのフードに付いたファーは定番になっています。 ファーが付いている衣類のクリーニングに困ったという経験がありませんか? 手触りもよく人気があるファーは冬場のファッションには欠かせませんが、衣類にファ...続きを読む

クラフトホリックうさぎの抱き枕クッション【綿交換修理】

街の雑貨屋さんで時折みかける、クラフトホリックの抱き枕クッション。 フワフワした手触りの良い素材で作られていて、クッションとして飾ってもぬいぐるみのようにかわいいですよね。 最近では「ご当地クラフトホリック」として限定のクラフトホリックが全国の有名観光地で売られている程の人気ぶりです。 デアはぬいぐるみクリーニングとして、さまざまな種類のクラフトホリックの抱き枕クッションがよく送...続きを読む

布製ソファーカバーを水洗いをして汚れを落としたい!

ソファーカバーの水洗いクリーニングの注文    クリーニングのプロが伝授 ソファーのシミのお悩みを簡単ケアで解決! 暑い季節真っ只中ですが、みなさまいかがお過ごしですか? 最近デアには高級ブランド布製ソファーカバーが送られてきます。 夏休みということもあるのか、 「子どもがジュースをこぼしてしまった」 「ソファーで寝てしまったらソファーが汗臭くなってしまった」 ...続きを読む

ほつれ・ほころび修理(かじられ猫の遊び相手にされた「黄色いおサルさん」)

今回は、大小2体の「黄色いおサルさん」のクリーニングと修理のお話です。 小さいぬいぐるみは頭から足までの長さが約30センチ。大きい方はその約3倍の90センチです。大きい方はぬいぐるみクリーニングだけで修理はありませんが、小さい方の修理のための参考にと、ぬいぐるみ修理工房に送られてきました。 この小さい方の黄色いおサルさんは、猫の遊び相手にされたそうで、かじられたり、引っ掻いたりされアチラコチ...続きを読む

綿詰め・綿補充作業の例

このワンちゃんが前のめりに縮こまってしまったのを補正してほしいという依頼です。 ぬいぐるみを抱きしめたりなど、長くかわいがっているうちに中の綿が縮んで細くなってきます。そのせいで形が崩れてくるのです。綿補充をして姿勢を正します。どこから綿を入れるか。まず綿を入れる場所を探します。 続きを読む...続きを読む