2015年11月5日

UGG(アグ)のお手入れが1分になる! ムートンブーツの特殊な水洗いクリーニンング

”お気に入りのUGG(アグ)をきれいに履きたい!”
”でもムートンブーツのお手入れは簡単がいい!”

ビフォー
img_1218
アフター
img_2862
ビフォー
img_1212-2
アフター
img_2853-2

水洗いしたのはすっかり定番となった人気ムートンブーツUGG(アグ)
お客様が気にされていた見た目にはわからないカビの臭いもすっきり取れて、ビフォーとアフターを比べると甲部分の履きシワもぷっくり復活。
もちろん中のムートンのふわふわはそのままです。

ムートンブーツの臭いやカビのもととなる汚れをしっかり水洗いで除去したら、普段のお手入れはとっても簡単!
お気に入りのUGG(アグ)もキレイを保つことができます。

水洗いをおすすめしたいのはこんなムートンブーツ。

  • 部分的な雨しみや全体的な薄汚れをとりたい
  • 汗やカビの臭いにおいがする
  • ムートン(毛)が寝て型くずれのようにくたびれてきた

クリーニングのデアはムートンブーツをじゃぶじゃぶ水洗いして、ご家庭でのお手入れを簡単にします。

ムートンブーツUGG(アグ)は水洗いできる

ムートンブーツの水洗いスタート

クリーニングのデアは、ムートンブーツUGG(アグ)をプロの職人の手によって水洗いします。

水洗いクリーニングとは、”ご家庭や一般的な多くのクリーニング店では水で洗うことのできないものを洗う丸洗い方法”です。
経験豊富な職人の目を光らせて洗いや乾燥、仕上げまで、全てに気をつけなくてはなりません。
普段ご家庭でお洗濯されるご自宅洗いとはまた違った意味合いです。

何度も水ですすぎ洗いする水洗いは、水に溶けだす汗汚れや臭いに大変効果的です。
お客様のお手元に戻ると、まず1番にさっぱり感を実感されると思います。

ムートンブーツ表面を水で洗う

徹底的に汚れを取り去ったムートンブーツなら、ご自宅でのお手入れに手間がかからず、シーズンオフも安心して収納することができます。

ムートンブーツの外側 シープスキンを水洗い

ムートンブーツを水の中で洗う

ムートンブーツはもちろんのこと、靴は洗うことを前提に作られていないため、ただやみくもに水で洗ってしまっては接着はがれ、型くずれや色落ちなどのリスクが心配されますが、クリーニングのデアの職人は、お預かりしたムートンブーツを慎重にチェックし、お客様のお悩みが水洗いで解決できそうかを判断し水洗いします。

ムートンブーツの外側を水洗い

水洗いで洗うことができると判断したら、洗い方は豪快!

ムートンブーツ全体に水を含ませたら、やわらかいブラシと泡立てた洗剤で外側のシープスキンをこすり洗いしてすれ汚れや泥はね汚れを落としていきます。

そしてお悩みNo.1の雨しみもこの段階で改善できることがあります。
残った雨しみは、さらに集中的にしみ抜きしていきます。

時間が経つにつれ、雨と汚れが混じりあったシミは染みこんで落としづらくなっていきますので早めの対処をおすすめします。

ムートンブーツの内側 ムートンを水洗い

ムートンブーツの中の汚れを洗う

続いて、ムートンブーツUGG(アグ)の象徴、内側のもこもこボア ムートンを水洗いしていきます。

天然のムートンは吸湿性に大変優れているため、足を入れるととてもあたたかいのに長く履いていてもベタつきがなく快適。
その分、ムートンブーツが皮脂や汗を含んでいます。
放っておくとにおいが気になるようになったり、カビの原因となってしまうことも。

この内側のムートン汚れにこそ、水洗いクリーニングをおすすめしたいのです。

ムートンブーツUGGのリボンを洗う

こちらのブーツの両サイドにはムートンブーツと同じ素材でリボンの飾りが付いていました。リボンの中まで丁寧に手洗いする細やかな職人たちがお客様のムートンブーツを担当します。

ムートンブーツをしっとりふんわり仕上げる

IMG_1372

ムートンブーツを水洗いすると清潔になりとても気持ちが良いのですが、UGG(アグ)のしっとりとした質感と、ふんわりとした履き心地も捨てがたい魅力ですね。

仕上がりにもこだわるクリーニングのデアの水洗いクリーニングは、ムートンブーツUGG(アグ)をしっとりふんわりとさせるためにトリートメント加工をします。

IMG_1377

……と、ここまでご紹介しているうちに”なんだかまるで美容院のシャンプーのようだなー”と思ってきました。
天然の動物の素材でできているのですから、お手入れはそう違わないのかもしれません。

ムートンブーツUGG(アグ)をクリーニングのデアが水洗いで芯まできれいにしたあとは、ご家庭で面倒で大がかりなお手入れは必要ありません。慣れてしまえば1分ほどで済んでしまいます。

ムートンブーツのお手入れはたったの1分でいい

たったの1分でできてしまうほど簡単なムートンブーツのお手入れ方法ですが、約10年前から愛用している私のムートンブーツUGG(アグ)がまだまだ現役なのは、定期的な水洗い+この日々のお手入れのおかげだと思います。

新しくムートンブーツを購入されたときや、同じ起毛素材のスエード靴をお手入れされるときにもおすすめです。

①お出かけ前のお手入れ:雨などの水しみ予防

ムートンブーツに防水スプレーする

お手入れと呼ぶには簡単すぎますが、ムートンブーツのような起毛素材の靴には欠かせないのが防水スプレーです。雨などの水しみを防ぐだけでなく、ムートンブーツの表面につく汚れからも守ってくれます。

ポイントは2つ。

  • お出かけの少し前にスプレーする
  • ミストにくぐらせるようなイメージで

「防水機能に特化したタイプ」や、「保革する栄養補給も兼ねた起毛素材向けのタイプ」など、防水スプレーにも種類がありますが、どれも長期間効果が持続するわけではありません。

お出かけの準備の合間にスプレーしておくのがベストタイミングでしょう。

ムートンブーツに直接吹きかけると言うよりは、ふんわりとミストにくぐらせるようなイメージで使われるとムラにならずにまんべんなく防水できます。

② 帰宅後のお手入れ:汚れ、臭い、カビ予防

ムートンブーツUGGアグにブラシをかける

帰宅後にささっと済ませておくといいお手入れが、ブラッシングです。
表面が起毛しているため細かなゴミやほこりがたまりやすいムートンブーツには、ブラシをかけるだけで汚れをはらうことができて、臭いやカビの予防にも大変効果的です。

ブラッシングのポイントは

  • やわらかいブラシを使う
  • 毛並みにそって髪をとかすイメージで
  • 色移りに注意する

ムートンブーツの場合、スエードのように逆毛を立てるブラッシングは不向きです。
短く整ったムートンの毛が抜けないように、やわらかい天然毛やゴム製のブラシで髪をとかすようにブラッシングするだけでじゅうぶんきれいにできて毛並みが整います。

靴クリームを使った革靴に使っているブラシはできればおすすめしませんが、お使いになるのであれば色移りにじゅうぶん注意してください。
特に、白っぽい色のムートンブーツに付くととても目立ってしまいます。

私は画像のような、濃い色と薄い色とで分けて使えるタイプのブラシを玄関に置いておき、帰宅後にムートンブーツ脱いですぐにブラッシングを済ませてしまいます。

ムートンブーツ1足から利用できる宅配クリーニング

人気のムートンブーツUGGアグ

ムートンブーツの水洗いに宅配クリーニングは非常に便利でおすすめです。

ムートンブーツを水洗いするクリーニングはまだあまりなく、また、どんな洗い方でクリーニングしているのかを公開しているクリーニング店も少ないため、ご自宅の近くで見つけることは簡単ではありません。

一方、宅配クリーニングと言えば、大量の衣類や大型のじゅうたんに利用されるイメージがあるでしょうか。

宅配クリーニングのクリーニングのデアへは、ムートンブーツ1足、バッグ1つのみのクリーニングのご注文を多くのお客様にいただいています。
ご自宅から離れていても、集荷や引き取りの手間なく専門工場職人の水洗いクリーニングが利用できます。

まずは、汚れや臭いの気になるムートンブーツUGG(アグ)を1足、水洗いクリーニングしてみませんか。

クリーニングのデアが「人気ムートンブーツUGG(アグ)を水洗い」する様子と、ご家庭で簡単にできておすすめな「ムートンブーツのお手入れ」をご紹介しました。

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

靴・ブーツトピックス関連記事

  1. 自分でできる【UGG】アグのムートンブーツ簡単お手入れ方法 自分でできる【UGG】アグのムートンブーツ簡単お手入れ方法
  2. ボッテガヴェネタ イントレチャートスニーカーのクリーニング! ボッテガヴェネタ イントレチャートスニーカーのクリーニング!
  3. 革靴色落ち補修 革靴一筋の職人手染めを公開! リーガル編 革靴色落ち補修 革靴一筋の職人手染めを公開! リーガル編
  4. UGG(アグ)のお手入れが1分になる! ムートンブーツの特殊な水洗いクリーニンング UGG(アグ)のお手入れが1分になる! ムートンブーツの特殊な水洗いクリーニンング
  5. 白く汚れたレインブーツが元の色に! ジミーチュウ×ハンター 白く汚れたレインブーツが元の色に! ジミーチュウ×ハンター