物理的な力じゃない洗浄力のある石けんでドレスに負荷をかけないクリーニング方法です。

ダンスドレスクリーニングは水洗い、手洗いが原則

IMG_9552b

ダンスドレスの手洗いによるアクアシャワークリーニングをご紹介します。

これは社交ダンスのモダンドレスです。

IMG_9553b

ダンスは一種のスポーツですから、とても汗をかきます。汗はドライクリーニングでは落ちませんから水洗いが原則です。

IMG_9558b

ダンスドレスは汗だけでなく、ドレス一面に飾りのストーンが貼り付けられています。ドライクリーニングの溶剤に付けたとたんに接着剤が剥がれるのでドライクリーニングは厳禁です。汗とストーン、この2つの理由でドライクリーニングができない品物なのです。

さらにダンスドレスは、繊維がとてもデリケートであり、染色の弱いものがあるので、染色の確認をしながら洗える「手洗い」でなければなりません。

IMG_9561b IMG_9564b

まず洗う前に染色の状態を調べます。

 

白いタオルに色が出やすい溶剤を付けて、生地を軽くたたきます。色が白いタオルに移るかどうかを調べます。

IMG_9559b

白いタオルに色は移ってきません。染色はしっかりしています。通常の手洗いで大丈夫なようです。クリーニングする場合の染色堅牢度を調べるのはこれが最も簡単で、確実な方法です。

IMG_9571b

それではモダンドレスの洗いにはいりましょう。

まず、前処理として、汗をかいて汚れている部分を、石けん溶剤で軽くブラッシングします。
使用する洗浄剤は100%天然石けんです。合成洗剤は使いません。

IMG_9574b OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家庭の洗剤もクリーニングの業務用の洗剤も、ほとんどが合成洗剤です。無添加と書かれている洗剤でも、香料や保存料が入っていないだけで合成洗剤に違いはありません。石油から作られる合成洗剤は、人間の汗や皮脂を溶かしにくいので、メーカーが宣伝するほど洗浄力は高くありません。石けんは動植物油脂から作られていますから、ヒトの汗や皮脂になじみやすく、その分洗浄力が高いのです。また合成洗剤は肌荒れやアレルギーを起こします。石けんは安全、安心です。

DSC_5131b IMG_9602b

次に40度のお湯に石けん溶剤が溶け込んだシャワーをかけます。全体的シャワーをたっぷり洗濯用の湯船にたっぷりお湯が溜まるまでかけていきます。これがアクアシャワー方式です。

IMG_9604

洗浄の原理は、シャワーをかけることで、お湯が繊維の中を動いていくことで汚れが取れてくるのです。ダンスドレスのような、大変デリケートな品物を洗う場合は、物理的な力をかけないで洗うことが重要な点です。

IMG_9593b

ドレスはすっかり石けん溶剤に浸かりました。

IMG_9591b IMG_9596b

少したつと汚れが浮いてきます。

IMG_9599b

しばらくお湯の中に浸けておき、お湯を抜きます。
そののち、ドレスにお湯のシャワーをまんべんなくかけてすすぎます。
石けんは、合成洗剤と違ってとてもすすぎがよいので、洗浄剤が残ったりしません。

IMG_9602b IMG_9606b

洗い終わったドレスは、脱水機には入れないで、そのまま水を切りながら干して、自然乾燥します。これを私たちは「ダラ干し」と呼んでいます。
ダンスドレスのクリーニングはすべての工程で、素材のすべてに負荷をかけないで、汚れを除去する技術が必要なのです。
一般のクリーニングは洗浄機などで物理的な力によって洗うのが常識ですが、デアのアクアシャワークリーニングは、おもいっきり洗浄力のある石けんで、ほとんどドレスに負荷をかけないで洗浄するというクリーニング方法です。

IMG_9609b

ダンスドレスのアイロン仕上げ

ダンスドレスアイロン 022b

「素材の負荷をかけない」というクリーニング方法は仕上げの工程でも、応用されます。
ダンスドレスのアイロンは、ほとんど蒸気の力で、シワを伸ばし、シルエットを作っていきます。

ダンスドレスアイロン 028b

これは家庭のアイロンでは出来ません。蒸気の出る量が違いますし、蒸気の量を微妙に調節出来る業務用のアイロンでしか出来ない技です。

ダンスドレスアイロン 035b ダンスドレスアイロン 013b

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

ダンスドレストピックス関連記事

  1. 物理的な力じゃない洗浄力のある石けんでドレスに負荷をかけないクリーニング方法です。 物理的な力じゃない洗浄力のある石けんでドレスに負荷をかけないクリーニング方法です。
  2. ステージ衣装のクリーニング ステージ衣装のクリーニング