ステージ衣装のクリーニング

アクアシャワー技法と完全手洗い

今回はステージ衣装のクリーニングを紹介します。
このステージ用ジャケットは、えりからエッジ部分にビーズや刺繍、レースがついており、本体の生地は模様が浮き彫りにエンボス加工状に編まれており、かなり複雑なお品物です。 汚れが多く全体的に黄ばんでいます。 こうした衣装は手洗いでしか処理できませんので、ほとんどのクリーニング店は手洗いできる設備を持たないので、一般のクリーニング店では受付けてもらえません。

袖口の汚れをチェックします。ステージ衣装は動きがあるので、汗や皮脂汚れ、それにファンデーションの汚れもあります。

まず40℃お湯をかけます。十分にお湯をステージ用ジャケットになじませます。これだけで汗は溶け出してきます。 ドライクリーニングでは汗やファンデーションの汚れは十分の取れません。水洗いでも洗濯機や洗浄マシーンに入れると付属品や生地にどうしても負荷をかけてしまうので、完全手洗いです。

洗浄力のある洗浄剤・天然石けん

次に石鹸で「せっけんアワ」をつくります。
デアの水洗いには天然石けんを使い、合成洗剤は一切使いません。合成洗剤は石油から作られているので、水との親和性が悪く、ゆすぎをしても洗剤がどうしても残ってしまいます。エリの部分など肌と接するところは、肌が敏感な人やアレルギーの人には良くありません。デアの石けんはお米油から作っていますので、水との親和性が非常に良く、ゆすぐと石けん成分がすぐなくなってしまいます。それに石鹸をなめても害はありません。 十分に泡立てた石けん液が洗浄力をさらに高めます。

十分にお湯が染みこんだダウンに泡立てた石鹸液をかけていきます。デアの石鹸は洗浄力が他の石鹸より高く、石けんカスも出ません。他の石鹸との違いは、せっけんにキレート剤としてクエン酸とグルコン酸を含有させています。クエン酸は柑橘類、グルコン酸は蜂蜜から作られます。これが従来の石けんと違って洗浄に力を発揮するのです。

ブラッシング

石けん液をかけるだけで汚れが浮いてきます。要所要所をブラッシングすることで、皮脂汚れやファンデーションの汚れを取ります。 エリと袖口は最も汚れやすいところで時間をかけてブラッシングしていきます。

ブラッシングで使うブラシは、柔らかいものを使っています。衣類に刺激を押さえて、汚れはきちんとおとす優れものです。こするだけではなく刺繍やビーズのある箇所は軽くたたいて汚れを追い出します。

袖口のファンデーションは軽くブラシをかけるだけで皮脂汚れやファンデーションは取れてきます。
脇の下は最も汗をかくところなので、ワキ染みとなります。汚れをとる石鹸の得意とするところです。

前見頃の胸の部分も黄ばみが多くありましたが、軽くブラッシングするだけで白さが戻ってきました。 黄ばみを長く放置すると、酸化して石鹸でも取れなくなることがあります。その場合漂白しなければなりませんが、この衣装の刺繍には金属が使われているので、漂白液が金属に反応して変化します。漂白作業は大変にむずかしくなります。

すべての部分をブラッシングして終了。次に再びシャワーをかけてゆすぎます。

軽く押してしぼります。
そして水を切ったあと、脱水機に入れることなく、自然乾燥します。 このステージ衣装は、完全手洗いです。乾燥が終わったら、アイロン仕上げをします。

デアの石けん水洗い技術

こうした洗い方は、特殊なスポーツ衣類、ウールやシルク製品の一般衣類にいたるまで、汗をかいているのに水洗いが困難というすべてのものに応用できます。 デアの水洗い技術は、合成洗剤は使わない。石けんカスが出て洗浄力の弱い石けんも使わず、優秀な石けん技師がつくったお米脂の石けんを使用することで可能となったのです。

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

ダンスドレストピックス関連記事

  1. 物理的な力じゃない洗浄力のある石けんでドレスに負荷をかけないクリーニング方法です。 物理的な力じゃない洗浄力のある石けんでドレスに負荷をかけないクリーニング方法です。
  2. ステージ衣装のクリーニング ステージ衣装のクリーニング