バブアー ビデイルの着こなし広がる! 無臭オイルのリプルーフ

バブアービデイルのリプルーフ作業

Barbour (バブアー)のオイルドジャケットBedale(ビデイル)は今年も人気健在!
ひと味違うオリジナルスタイルにこだわる世界のおしゃれ上級者から、タウンユースでの幅広い着こなしが注目され続けています。

シンプルなカジュアルスタイルの主役にしたり、テイストの違う旬なアイテムとコーディネートしてアクセントとなる名脇役にしたり。
さまざまなシーンに溶け込むスタイリングを楽しみたいBarbour Bedale(バブアー ビデイル)だからこそ、オイルドジャケット特有のにおいを気にされる方が多いようです。

臭いかな。と、周りの目を気にして今までフルに活用できなかった方は、クリーニングのデア オリジナル「無臭オイルのリプルーフ」を試してみませんか。
Barbour Bedale(バブアー ビデイル)を街でもっとラクに着こなしたい方へ、おすすめの再オイル加工です。

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

クリーニングNGのオイルドジャケットBarbour(バブアー)

クリーニング不可のバブアーオイルドジャケット「ビデイル」

まずは、リプルーフする前にクリーニングして汚れを落としていきます。
と、簡単にはいかないのがBarbour(バブアー)のオイルドジャケット。
洗濯タグを見てみるとオールNGの表示です。これは水洗いはもちろんのこと、ドライクリーニングさえできないということを意味しています。
そのため、一般的なクリーニング店では取り扱うことができない。と断られてしまうケースが多いようです。

クリーニングのデアは、独自に開発した技術でクリーニングNGのオイルドジャケットBarbour(バブアー)を洗います。

ご家庭でお洗濯をチャレンジするのはおすすめできません。
Barbour(バブアー)の公式Webサイトにもお手入れについてこう書かれていました。

防水オイルを洗い流してしまうため、オイルドジャケットは温水や洗剤を使用する従来の方法では洗うことができません。汚れや砂埃をブラシでよく払い落とし、水を含ませたスポンジなどで軽く表面を拭き取って下さい。(お湯は決して使用しないで下さい。)
温水や洗剤、溶剤や石鹸は絶対に使用しないで下さい。洗濯機の使用はできません。洗ったりドライクリーニングを行うと防水オイルが抜けてしまいます。
濡れたジャケットは狭いスペースに置かず、暖かく風通しのよいところに掛けて、自然乾燥させてください。無理に乾かしたり、火に当てることは決してしないで下さい。
引用 – Barbour

やはりご家庭では、軽いお手入れにとどめておくのが良さそうです。

生地表面に油を塗って、「防水」「防風」「防汚」の機能を持たせたBarbour(バブアー)のオイルドジャケットは、そもそも洗いながら街できれいに着ることを前提として作られているのではなく、過酷な環境下で労働する漁師たちの身を守る【作業着】として生まれました。

イギリス王室御用達から世界最高品質の証「ロイヤルワラント」を3つも獲得していることで世界中に名を広め、日本でもこだわり溢れる【ファッションアイテム】として知られている今でも、実用性重視のBarbour(バブアー)のオイルドジャケットのディテールは頑なに1世紀にわたって守り続けられています。

だから、洗わないで着ることがBarbour(バブアー)のスタイル!
と言われても、ファッションとして街で着こなしたい清潔志向の日本人にとって、汚れたままクリーニングできないのはやはり抵抗があるのではないでしょうか?

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

Barbour(バブアー)の代表格Bedale(ビデイル)を洗う

バブアービデイルを丸洗い

今回洗うのは、Barbour(バブアー)のオイルドジャケット代表格Bedale(ビデイル)です。

  • 短めの着丈
  • 動きやすいラグランスリーブ
  • しっかりと補強されたサイドベンツ
  • 風が入るのを防ぐ袖のリブ

このような特徴のあるBedale(ビデイル)は当時、乗馬用として作られたオイルドジャケットです。
シンプルなデザインで合わせやすく、シャツの上にサラッと着るだけでもキマる着こなしやすいモデルでしょう。

手洗い+弱水流で洗う

バブアービデイルから出たオイルと汚れ

手洗い+弱い水流でオイルドジャケットBedale(ビデイル)を丸洗いします。

生地表面に塗られたオイルのベタつきに吸着した汚れと、内側の汗汚れを落とします。
弱い水流で洗うことで生地を傷めずに、汚れを含んだ洗剤泡を浮かして取り除きます。

バブアービデイルを手洗いクリーニング

クリーニングのデアでは、1着ずつ職人が丁寧に手洗いしたあと、すすぎ洗いします。

バブアービデイルを洗って絞らず干す

洗い終えたら、脱水はせずに「ダラ干し」で自然乾燥させます。
Barbour(バブアー)のオイルドジャケットの硬い繊維を折ることなく、シワも少なく仕上がります。

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

無臭オイルのリプルーフでしっとり仕上げる

無臭オイルでリプルーフする準備

Barbour Bedale(バブアー ビデイル)を丸洗いして汚れを落としたら、無臭オイルでリプルーフ(再オイル加工)をして、オイルドジャケット独特のしっとりとした質感に仕上げます。
Barbour(バブアー)のオイルドジャケットは、モーターオイルのような石油系の機械油臭さがどうしても鼻につくと気にされる方が多いので、石油由来のオイルは使用していません。

バブアーのオイルドジャケット「ビデイル」のリプルーフ開始

クリーニングのデアは、動物油、植物油、それに自然界の消臭効果のある成分をオイルドジャケット用に特別に調合した無臭のオイルを使用します。
においの感じ方には個人差がありますが、純正のオイルと比較すると限りなくにおいの少ないリプルーフ用オイルかと思います。

ムラにならないよう、薄く薄く何層にも重ねていきます。
ひと塗りしては時間を置き、オイルの定着を待ってまた塗り重ねていく。という地道な作業を繰り返すことで均一にオイルドジャケットをリプルーフしていきます。

しっとり感を残しながらべたつきを軽減するために軽くコーティングスプレーで仕上げの処理をします。

バブアービデイルをクリーニング後アイロン仕上げ

最後は職人のアイロン手仕上げです。
Barbour Bedale(バブアー ビデイル)の風合いを残すために蒸気を調整しながら表面のシワを伸ばし、カタチを整えるためにプレスします。
内側も丹念にアイロンし終えたら無臭オイルのリプルーフ完成です。

オイルドジャケットに塗り込まれた油が汚れを吸着して離さない機能を持つことから、着用されていくうちに経年によるオイルの酸化と汚れが混ざることで臭いが気になってくるようです。
定期的にクリーニングとリプルーフでお手入れされることをおすすめします。

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

Barbour Bedale(バブアー ビデイル)を着こなして

リプルーフ後のバブアーオイルドジャケット「ビデイル」

Barbour(バブアー)のオイルドジャケットは、きれいにお手入れしながら着るには手間がかかりますが、手をかけてでも愛用したいアイテムとはそう多く出会えません。
革とはまた違うオイルドジャケットの艶感が着ていくうちに味わいを増していく魅力的な1着です。

今季はオイルドジャケットBarbour Bedale(バブアー ビデイル)をもっとラクに着こなしてお出かけしたい!
そんな方へ、クリーニングのデアから無臭オイルのリプルーフのご紹介でした。

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

一般衣類トピックス関連記事

  1. EM菌の力でカビ臭を消臭~梅雨時期を快適に過ごす方法 EM菌の力でカビ臭を消臭~梅雨時期を快適に過ごす方法
  2. 虫食いニットも焦げ穴セーターもガバッと広げて直す!?編み物修理方法 虫食いニットも焦げ穴セーターもガバッと広げて直す!?編み物修理方法
  3. バブアー ビデイルの着こなし広がる! 無臭オイルのリプルーフ バブアー ビデイルの着こなし広がる! 無臭オイルのリプルーフ
  4. マッキントッシュの洗濯表示はあくまでも家庭向けの洗濯表示です。オールバツ☓なのは家庭では洗ってはいけない。クリーニング屋に出すのも、マッキントッシュがきちんと洗えるクリーニング屋だけを指定しているのです。 マッキントッシュの洗濯表示はあくまでも家庭向けの洗濯表示です。オールバツ☓なのは家庭では洗ってはいけない。クリーニング屋に出すのも、マッキントッシュがきちんと洗えるクリーニング屋だけを指定しているのです。
  5. バーバリーコートのボールペンのシミの除去。最近のボールペンのインクは、書きやすさや消えにくさを追求して、性能が高くなっているので、染み抜きはとても難しくなっています。 バーバリーコートのボールペンのシミの除去。最近のボールペンのインクは、書きやすさや消えにくさを追求して、性能が高くなっているので、染み抜きはとても難しくなっています。
  6. マッキントッシュのゴム引きコートのクリーニング マッキントッシュのゴム引きコートのクリーニング