汗や汚れでいっぱいの布団・・・。クリーニングに最適な時期は今!

今日は2022年5月10日。梅雨の訪れを感じさせるような雨の日が増えています。
関東ではまだ毛布と掛け布団のセットが必要な肌寒い日もありますが、地域によっては厚手の布団はもう要らないかな?と感じていることかと思います。

布団クリーニングのシーズンが始まっています!

デアでは、毎年5月に入ると布団クリーニングのご依頼が急激に増え始め布団クリーニング繁忙期に入ります。
秋冬に使った布団を4月の終わりに衣替えして、その流れでデアにお預け下さるお客様が毎年とてもたくさんいらっしゃるのです。

 

冬の布団もクリーニングした方が良いの?


シーズンオフになった布団を干してそのまま収納する方もいらっしゃいますが、クリーニング屋さんとしてはこの流れはおすすめできません。

寒い冬でも人間は寝ている間に毎日汗をかいていて布団は汗を吸っています。シーツをこまめに洗っていても汗や皮膚などの汚れは布団までしみ込んでいます。これらの汚れが残ったまま圧縮袋に入れて長期保管してしまうと、布団に次のようなトラブルが起こることがあります。

・カビが生える
・シミができる
・次に使うときに悪臭がする
・布団がペシャンコになる
・ダニが大繁殖!
など

 

干してるし消臭スプレーしてるけどダメ?

布団をこまめに干している方もいらっしゃるかと思います。布団を干して風を通すのはとても良いお手入れ方法ですが、長期保管前にはやはりクリーニングをおすすめします。
布団を干すと湿気を飛ばすことはできますが、汚れの元を取り除くことはできません。

消臭スプレーも汚れをマスクして臭いを軽減しているだけで汚れの元を取り除いてはいません。むしろ汚れ成分に消臭剤の成分が追加されているので、布団を全く洗わずに消臭スプレーを繰り返してしまうと嫌な臭いが蓄積されてしまうこともあります。

 

布団の汚れを落とすための効果的な方法は?

デアでは布団の汚れを取り除くための最適な方法は「丸洗い」と考えます。
布団も衣類と同じです。たっぷりの水で流しながらモコモコ泡で洗うと汚れ成分がしっかり洗い流されるのです。

デアでは布団を広げた状態で作業台に置いて、バシャバシャとホースで水をかけながら天然石けんの泡で洗っていきます。

優しくブラッシングしながら何度も水を流すことでシミや黄ばみも落とすことができます。(時間が経ち過ぎてしまったシミは落ちないことがあります)

無添加天然石けんで洗っています

残留洗剤が原因でアレルギー症状が出たり、かゆみやブツブツが出てしまう人もいらっしゃいますので、毎日のように肌に触れる布団のクリーニングでは使用する洗剤もとても重要なポイントになります。

デアでは残留洗剤の不安が残る合成洗剤は使用せず、無添加天然石けんで布団を洗っていきます。

天然石けんは天然由来の植物油を原料としていて、合成洗剤のようにアレルギーの原因になることはありません。
川や海に流れるた排水は微生物や魚のエサとなって分解されるので水中に残留することがありません。人体にも環境にも優しく、上手に使えば汚れ落ちが抜群に良いのが天然石けんの良さなのです。

 

デアの布団クリーニングをご利用下さったお客様の声

デアの無添加天然石けんによるクリーニングを実際にご利用下さったお客様の声をご紹介します。
布団クリーニングはとてもリピーター様が多く、気に入っていただいている方が多いんですよ♪

 

羽毛布団の喉に絡むような悪臭がなくなりました

クリーニングのデア 御中

お世話になっております。
本日、布団を受け取りました。

丁寧にすすいでいただき、ありがとうございました!
せっけん臭もなく、クレゾール臭の様な喉に絡む悪臭がなくなり、獣臭さ的な臭いが多少残るだけになっていたので、とても満足しています。

次回もまたよろしくお願します。
どうもありがとうございました。
(K.M様)

デアのコメント

K.M様が感じていた羽毛布団の「クレゾール臭のような悪臭」は、新品の羽毛布団にも発生することがあるトラブルです。
薬品臭の他にも獣臭や酸化した油の臭いを感じる方もいらっしゃいます。

羽毛布団の臭いを軽減するには、やはり布団を丸ごと水洗いするのがいちばんです。
デアでは羽毛布団も天然石けんで丸洗いします。綺麗な水をどんどんかけながら洗い流していくので気になる臭いも落ちやすく、K.M様にもご満足いただけました。

 

猫のおしっこの臭いも綺麗になりました

本日、確かに羽毛布団を受け取りました。
猫の粗相の匂いはもちろん、長年の汚れまで綺麗にしていただき、本当にありがとうございました!

作業の速さ丁寧なお仕事には驚いております。
感謝申し上げます。

この度は本当にありがとうございました。
(K様)

デアのコメント

普段は決まったところでおしっこをする猫ちゃんワンちゃんでも、びっくりしてしまったりストレスなどで粗相してしまうことはあります。
とはいえ、大切な羽毛布団におしっこをされてしまうと、かなり困ったことになってしまいますね!私の実家でも猫を飼っているので臭いの想像がつきます!

布団に染み込んでしまったペットのおしっこをご家庭で取り除くことは難しいと思いますが、デアでは布団を丸ごと石けんの泡で水洗いすので、臭いが気にならなくなるレベルまで落とせるケースがほとんどです。(1年以上放置されていたような臭い、シミなどは難しいこともあります)
K様が気になっていた猫の排泄物の臭いや蓄積されていた汚れもサッパリ落とすことができました。

 

真綿布団のクリーニングを依頼できるお店がなくて困っていました

ペットにおしっこされて、臭いが取れず困っていたところ真綿布団は頼める場所がなく、今回格安で迅速にお願いできると聞き頼みました。
匂いもしっかり取れて帰ってきたので大満足です。

デアのコメント

こちらのお客様もペットのおしっこの臭いが気になっていらっしゃったのですが、お布団の種類が大変高価な真綿布団とのことで引き受けてくれるクリーニング屋さんが見つからずお困りでした。

真綿には「綿(わた)」の文字が入っていますが木綿ではありません。
蚕の繭を人の手でわた状に伸ばしたものを布団に加工したものが真綿布団なので、原料は絹(シルク)と同じなんです。

昔はこの繭から作った綿のことを「わた」と呼んでいたのですが、後に木綿の「わた」が広く使われるようになったことから、区別して「真綿(まわた)」と呼ぶようになったという歴史があります。

デアでは真綿布団も天然石けんとたっぷりの水で洗いますので、ペットのおしっこの臭いにもしっかり対応できます。
 

シーズンオフの布団クリーニングはデアにお任せください

「今年の布団クリーニング、どのお店にお願いしようかな?」と迷っているなら、ぜひデアをお試しください。
クリーニング屋さんは日本中にたくさんありますが、ほとんどのお店は布団を寿司巻き状にして大きな洗濯機のようなマシンで洗うだけになります。洗剤は合成洗剤を使うケースがほとんどです。
しかし、布団をグルグル巻きにした状態でマシン洗いしてしまうと中綿まで洗剤が行き渡らず汚れ落ちにも不安がありますし、ちゃんとすすぎができているかも確認することができません。

デアはお預かりする布団を1点ずつ職人が目で確認しながら手洗いして、さらに遠心力と大量の水で汚れを飛ばすジェット水流マシンで洗っていきます。他のご家庭の汚れた布団とごちゃ混ぜにして洗うこともしません。
家族みんなの健康、それから環境にも優しいデアのクリーニングをぜひ体感してみてくださいね。

 

デアの広報室トピックス関連記事

  1. 汗や汚れでいっぱいの布団・・・。クリーニングに最適な時期は今! 汗や汚れでいっぱいの布団・・・。クリーニングに最適な時期は今!
  2. 絨毯の衣替えのあとはクリーニングでさらにスッキリ♪保管サービスの人気も高まっています! 絨毯の衣替えのあとはクリーニングでさらにスッキリ♪保管サービスの人気も高まっています!
  3. 一般クリーニングは送料無料!デアは「徹底した小ロット処理」にこだわります 一般クリーニングは送料無料!デアは「徹底した小ロット処理」にこだわります
  4. ぬいぐるみは家族みんなをハッピーにする♪デアのぬいぐるみ修理をご紹介! ぬいぐるみは家族みんなをハッピーにする♪デアのぬいぐるみ修理をご紹介!
  5. デアのぬいぐるみクリーニングを写真で解説します デアのぬいぐるみクリーニングを写真で解説します
  6. バブアー(Barbour)オイルドコートのクリーニングとリプルーフ バブアー(Barbour)オイルドコートのクリーニングとリプルーフ
  7. お顔が見えない宅配クリーニング。本当に安心して利用できる?相談窓口はある? お顔が見えない宅配クリーニング。本当に安心して利用できる?相談窓口はある?
  8. クリーニングを断られた!仕方のないケースとデアなら洗えるケース クリーニングを断られた!仕方のないケースとデアなら洗えるケース
  9. ドライクリーニングのギモン。水洗いとの違いは?デアの洗い方は? ドライクリーニングのギモン。水洗いとの違いは?デアの洗い方は?
  10. 改めて知って欲しい!他社にはないデアのクリーニングサービス 改めて知って欲しい!他社にはないデアのクリーニングサービス