【お客様の声】デアのオイルドジャケット リプルーフに対するお客様の感想

いつもデアのクリーニングをご利用いただきまして、ありがとうございます。

デアでは毎日のように様々なお問い合わせやご注文をいただくのですが、その中には「他店ではやってもらえないから」「絶対に専門技術があるお店に任せたいから」などという理由でご指名いただくこともとても多くあります。

そのひとつが「オイルドジャケット・オイルドコートのリプルーフ」です。

デアは、オイルドジャケット・オイルドコートのリプルーフができる数少ないクリーニング屋さんなんです。

 

オイルドジャケット・オイルドコートについて

こちらがオイルドジャケット(オイルドコート、ワックスドジャケット)になります。

濡れたような質感がお分かりになるでしょうか?
オイルドジャケット・オイルドコート・ワックスドジャケットは、その生地の表面にオイルが塗りこんであるという特殊な加工が施してあるのです。

これらのオイルドジャケットを手がけるブランドとして最も知名度が高いのはBarbour(バブアー)・BELSTAFF(ベルスタッフ)・Burberry(バーバリー)で、いずれも英国のブランドになります。
中でもバブアーは英国王御用達ブランドとして世界で知られています。

 

オイルドジャケット誕生秘話

コートにはタウンユースとして気軽に、しかも格好良く着られることを目的として生まれたものもたくさんありますが、そのコートを利用するシーンにおいて必要不可欠であることから誕生した機能性の高いものもあります。

バブアーのオイルドコートはまさに生まれるべくして生まれた、抜群に高機能なコートなんです。


バブアーのオイルドジャケット・オイルドコートは、雨が多く冬は極寒となる英国の北海地域の港町サウスシールズで1894年に誕生しました。

北海の港町ということで、天候が荒れる厳しい環境で労働する人々を風雨から守るために、バブアー創設者のジョン・バブアー氏がワックスで生地をコーティングした「ワックスドクロス」を開発したことが始まりと言われています。

防寒と防水を兼ねたワックスドクロスは非常に耐久性が高く品質も良かったことから、労働者に大好評となりました。
また、その確かな機能性の高さから当時の英国軍の軍服にも採用されています。

 

機能性だけじゃないオイルドジャケット・オイルドコート


バブアーのオイルドジャケット・オイルドコートは、極寒の海辺でも人々を守ることができるタフさがあるので、どちらかというとアウトドアウェア、カジュアルウェアに該当します。

しかし、とにかくおしゃれにこだわりの強い英国ブランドであるためか、スーツの上から羽織ったり、キレイめのパンツに合わせてみたりと、ドレスアイテムとしての魅力もあります。

日本でもタウンアイテムとして愛用している人が多いのですが、バブアーの本質はオイルドジャケット・オイルドコートなので、特性をしっかり理解しておかないと、長く楽しむことができなくなってしまいます。

 

バブアー オイルドジャケット・オイルドコートの経年変化について

バブアーのオイルドジャケット・オイルドコートは、現在でもオイルコーティングを施した生地で作られています。

このオイルは年月が経つごとに剥がれてくるので、経年変化を楽しみながら「自分だけのジャケット」に育てることができます。

ただし、ワックスが剥げるということは防水効果が弱くなるということですし、バブアーの深く濡れたような見た目も変化してきます。この変化は自分が望む状態とは異なるかもしれません。

そこでオイルドジャケット・オイルドコートの独特の風合いと機能性を保つために必要となるのが「リプルーフ」と呼ばれるメンテナンス作業なのです。

 

バブアーのリプルーフとは?

バブアーのリプルーフは、オイルが抜けてきたジャケットに再びワックスを染み込ませて、防水効果と独特の見た目を蘇らせるメンテナンスのこと。

バブアーからリプルーフに必要なワックス缶が販売されていますので、そちらを購入して自分でリプルーフ処理を行うこともできます。

定期的なメンテナンスを行えば一生物として愛用していくことができるのですが、自分でコートにオイルを塗っていくわけなので、

「ムラなく仕上げる自信がない」
「他の衣類にオイルがつかないかな?」
「そもそもオイルの匂いが気になる・・・」
「リプルーフの前にお洗濯したいけど、家庭洗濯はできないし・・・」

などの理由で、自分でリプルーフを行うことに戸惑いがある人もいます。

特にオイルドジャケットの匂いについては「エレベーターに乗った時に感じるモーターオイルのような匂い」と表現されることもあり、好ましく感じない人もいます。

そもそもオイルドコートの風合いは大好きだけど、電車などの人が密着するところでは脱ぐようにしている人もいるくらいなので、リプルーフで新たにオイルを塗りこむことをためらう人がいるのもとてもよくわかります。

 

リプルーフ前に洗わなくていいの?

オイルドジャケット・オイルドコートは、表面にコーティングしてあるオイルによってしっとりと湿ったような質感があるのが魅力なのですが、このコーティングが砂ぼこりや外気からの汚れを吸着するため、一般衣類よりもコート全体が汚れやすくなっています。

さらにオイルはだんだんと酸化してくるので、匂いも強くなってきます。
本場英国では洗わないまま着続けることもあるのですが、日本の生活環境と日本人の清潔好きな性質では、定期的に洗った上でリプルーフを施しながら長く着ていく方が心地良く着用することができるでしょう。

デアでも汚れた状態に自分でリプルーフを行うよりも、信頼できるクリーニング店で汚れを落としてからリプルーフを行うことをおすすめします。

 

デアのリプルーフについて

デアではバブアーをはじめとしたオイルドジャケット・オイルドコートのクリーニングとリプルーフのどちらも行うことができます。

クリーニングはモコモコの泡を使って水洗いしていきますので、汚れ、黒ずみ、汗、皮脂などをしっかり落とすことができます。

デアにはオイルドジャケット・オイルドコートのクリーニングを何枚も手掛けてきた職人がいますので、風合いを損なうことなく洗うことができるのです。

日本全国で探してもリプルーフまで可能なクリーニング屋さんはかなり数が少ないため、本当にたくさんのご依頼をいただいているんですよ!

 

デアで使用するリプルーフ用オイルについて


デアで使用するオイルは、リプルーフのために開発した動物性油脂と植物性油脂をブレンドして自然の消臭効果を保つ成分を配合した特別なものです。
石油系ワックスの機械油のような匂いがない無臭オイルとなっています。

水洗いによるクリーニングで汚れと匂いの原因となる古い油などをしっかり落としてから無臭のオイルでリプルーフを施しますので、特に匂いが気になる方にはご満足いただけるかと思います。

 

リプルーフの工程について


リプルーフを担当するのは熟練の技を持つ職人です。
オイルは1度にたくさん塗るのではなく、2ステップで塗布していきます。

1度目は布色や質感を整えるための塗布です。
油膜がムラにならないように、ごく薄く丁寧に何度も何度も塗り重ねていきます。


時間をおいてオイルを馴染ませたら、表面の質感をさらに美しくバブアーの深みを再現するためのオイルを塗って仕上げていきます。

仕上げには専用のスプレーを使ってコーティングしていきます。
このひと手間でバブアー独特の生地のベタつきが軽減されるので、汚れの付着も防止できます。


最後はアイロンによる仕上げです。
オイル仕上げが損なわれることがないように慎重に表と裏からスチームを当てて形を整えていきます。

 

デアのリプルーフをご利用いただいたお客様の声

期待以上の仕上がりでしたよ!うっすら白っぽくなっていた生地感もしっとりオイルで落ち着いていて、手触りも買ったときみたいに良い感じでした。

気に入ってるコートだったんで、デアさんを選んでホントに良かったなあ、と思っちゃいました。

こうやって、マメにケアしてメンテナンスするのは大事ですね。もう、クリーニングとリプルーフする前の感触と全然違ってびっくりでした。
もちろん、コートの生地がいたんでいたりはしませんでした!
(K様)

コートが先ほど到着しました。
早速確認しましたが、予想以上の出来栄えで大満足です。
特にオイルのにおいが全く気にならないので大変驚きました。
秋の旅行に着て行きたいと思います。
次のクリーニングも必ずお願いしたいと思っています。
(埼玉県 入間市 T.Y様)
品物の方、受け取りました。
バブアーのオイルドコットンですが、予想以上に油が抜けていましたが、今まで頼んでいたクリーニング店と比較した所、街着で使うには、このくらい抜いた方が、匂いも抜けてちょうど良い感じです。
無理なお願いばかりで、誠に申し訳ございませんでした。
又、宜しくお願い致します。
(兵庫県 西宮市 H.G.様)
Mです。
本日届きました。
良い仕上がりで、非常に満足しております。
またお願いできればと思っております。
ありがとうございました。
(群馬県 前橋市 D.M様)
クリーニングのデア様
お願いしていた衣類、本日届きました。
素晴らしい仕上がりに感謝しています。
またの機会がございましたら、
よろしくお願い致します。
(三重県 津市 H.K様)

 

デアのオイル抜きをご利用いただいたお客様の声

オイルドジャケット・オイルドコートは、オイルを抜いた状態でも着用することが可能です。
オイル抜きをするとさらっとしたコットンのコートのようになります。

日本の環境ではオイル抜きの方が扱いやすいと感じる人も多く、あえてオイル抜きを好む方もいらっしゃいます。
以下は、リプルーフは行わずオイル抜き仕上げを希望されたお客様のご感想です。

お世話になっております。
Mと申します。
本日、クリーニングの品を受領しました。
オイル抜きのバブアーはどの様な仕上がりになるか楽しみにしておりました。
綺麗に仕上げていただきありがとうございます。
また、よろしくお願いします。
(静岡県島田市 T.M様)
本日、クリーニング済みのバブアーが届きました。
着れない状態にしてしまったものが、大変綺麗に仕上がっており、とても満足しております。
以後内容に自分でも気をつけてメンテナンス致しますが、もしもなにか必要になりましたら是非ご依頼させて頂きたいと思います。
本当にありがとうございました。
(千葉県 市川市 T.H.様)

 

オイルドジャケット・オイルドコートのリプルーフはデアにご相談ください


デアでは、バブアーをはじめとした伝統と歴史があるオイルドジャケット・オイルドコートに敬意を持って、オーナー様の思いを大切にお手入れさせていただきます。

クリーニングしたい、匂いが気になる、オイルが剥がれてきて見た目が変わってきたなど、オイルドジャケット・オイルドコートのご相談はお気軽にお問い合わせくださいね。
デアの経験豊富な職人がきっとお力になれることと思います。

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

デアの通信簿トピックス関連記事

  1. 【お客様の声】デアのオイルドジャケット リプルーフに対するお客様の感想 【お客様の声】デアのオイルドジャケット リプルーフに対するお客様の感想
  2. 【お客様の声】デアのゴム引きコートクリーニングに対するお客様の感想 【お客様の声】デアのゴム引きコートクリーニングに対するお客様の感想
  3. 【お客様の声】デアの靴・ブーツクリーニングに対するお客様の感想 【お客様の声】デアの靴・ブーツクリーニングに対するお客様の感想
  4. 【お客様の声】デアの一般衣類クリーニングに対するお客様の感想 【お客様の声】デアの一般衣類クリーニングに対するお客様の感想
  5. 【お客様の声】デアのオイルドコートクリーニング・リプルーフに対するお客様の感想 【お客様の声】デアのオイルドコートクリーニング・リプルーフに対するお客様の感想
  6. 【お客様の声】デアのソファーカバークリーニングに対するお客様の感想 【お客様の声】デアのソファーカバークリーニングに対するお客様の感想
  7. 【お客様の声】デアのカーテンクリーニングに対するお客様の感想 【お客様の声】デアのカーテンクリーニングに対するお客様の感想
  8. 【お客様の声】デアのウェディングドレスクリーニングに対するお客様の感想 【お客様の声】デアのウェディングドレスクリーニングに対するお客様の感想
  9. 【お客様の声】デアの着物・ダンスドレス・スポーツ衣類クリーニングに対するお客様の感想 【お客様の声】デアの着物・ダンスドレス・スポーツ衣類クリーニングに対するお客様の感想
  10. 【お客様の声】デアの皮革・レザー・毛皮・ファーのクリーニング・修理・染め直しに対するお客様のご感想 【お客様の声】デアの皮革・レザー・毛皮・ファーのクリーニング・修理・染め直しに対するお客様のご感想