憂鬱な春…花粉症の時期の洗濯、どうする!? 花粉のシーズンの洗濯方法 プロのクリーニング師のアドバイス

アレルギー体質のひとにとって春はつらい季節

長かった冬が終わり、桜も咲いて新しい生活も始まり、春は浮き浮きするシーズン…のはず。でも、花粉症のひとにとってはそればかりではないですよね!

アレルギー性鼻炎持ちのひとにとっては、杉やヒノキの花粉が飛び交う魔のシーズンでもあります。

アレルギー体質で花粉症の方本人や、家族に花粉症の方がいて、鼻水や鼻づまりで苦しんでいるのを間近で見ているならば、一度は「この時期の洗濯もの…どうしようかなあ」と悩んだことがあるのではないでしょうか?

もちろん、花粉がたっぷりと舞う春の屋外に濡れた洗濯ものを干してしまったら、洗濯ものを取り込むと同時に、大量の花粉も屋内に招き入れる…ということになりますよね。
花粉症のひとにとっては、花粉を吸った洗濯ものをたたむのも一苦労です。

じゃあ一体、この時期の洗濯はどうしたらいいの!?
花粉症シーズンの洗濯の方法について、特別にプロのクリーニング師による対策を伝授します!

【プロのクリーニング師のアドバイス①】静電気防止が洗うときのカギ

洗濯ものの花粉対策は、洗濯ものを洗濯機で洗う段階から始まります。

洗濯機で洗濯ものを洗うとき。…あなたは、ただ市販の洗濯用粉洗剤や、液状の洗濯洗剤などを入れるだけで洗濯機のスイッチをオンにしてしまっていませんか?
低コストのひと手間で、洗う段階から花粉の付着を防ぐ方法があります。

花粉の付着を防ぐカギは「静電気を発生しにくくし、花粉の付着をおさえる」こと。

乾燥した空気のなか発生する静電気によって、多量の花粉が引き寄せられて、屋外干しの洗濯ものに付着していくといわれています。
つまり「静電気を発生しにくく」すれば、付着する花粉の量をおさえることができるのです。

じゃあ、どうやったら静電気を防ぐことができるのでしょうか。
まさか毎日の洗濯ものを干すときに、洗濯ものに静電気防止スプレーを毎日かけ続ける、ということもできませんしね。

【プロのクリーニング師のアドバイス②】柔軟剤が花粉症のあなたを救う

花粉付着をおさえるために、洗濯ものに静電気を発生させたくない。
それなら、市販の『柔軟剤』を使用して洗濯をしましょう!

市販の柔軟剤の成分は、陽イオン系界面活性剤が主です。
陽イオン系界面活性剤は、衣類・タオルなどの繊維を整えて肌触りを柔らかくしたり滑らかにし、布の表面を整える作用があります。
繊維が滑らかに整うと繊維同士の摩擦が減るので、静電気防止・抑止の効果があります。
つまり市販の柔軟剤の主成分の陽イオン系界面活性剤は、静電気の発生をおさえてくれる効果が見込める!というわけです。

静電気発生をおさえてくれる柔軟剤は、洗濯機別にこのように使いましょう。

〈洗濯機の種類別 柔軟剤の使い方〉

■全自動洗濯機の場合
柔軟剤自動投入口に柔軟剤を入れておきます。
すすぎ段階で柔軟剤が自動で投入されますので、簡単に柔軟処理が完了。

■二層式洗濯機の場合
すすぎの水がキレイになってきたら、洗濯槽に柔軟剤を投入します。
柔軟剤を投入したあとは2~3分ほど、洗濯機を回します。

■手洗いの場合
洗濯してすすぎまで終わったら、もう一回タライに水をため、柔軟剤を投入。よく溶かして、洗濯ものを3分ほどひたしておきます。

【プロのクリーニング師のアドバイス③】なるべく避けたい外干し 部屋干しのコツとは

なんといっても、花粉が洗濯ものについてしまうのは外に干した段階です。
可能であればなるべく、外で洗濯ものを干すことは避けましょう。

おすすめなのは断然『部屋干し』です。
花粉がつくのを防ぐためには、一番重要なポイントともいえます。

ただ、部屋の中で干すとどうしても、乾くのに時間がかかってしまったり、生乾きになってしまって洗濯ものにニオイが発生してしまったり…。

部屋干しの時、そういったお困りごとを防ぐには、いくつかコツがあります。

〈部屋干しでも、洗濯ものを早く乾かすコツ〉
■洗濯機の乾燥機能の「部屋干しモード」の活用
洗濯機に乾燥機能がついていたり、部屋干しモード機能があるならば迷わず活用してください。完璧に乾くわけではありませんが、部屋干しモード機能を使えば洗濯ものを部屋干しで乾かす時間を短縮することが可能です。
洗濯ものは、部屋干しモードを使って終了した段階ではまだ生乾きですが、そのまま屋内に干してしまえば、かなり楽に乾きます。脱水した状態でただ干すよりは、大幅に乾くまでの時間を短縮できるのです。

■浴室衣類乾燥があれば浴室に干す
マンションなどのお風呂場には浴室衣類乾燥機能があることも。浴室衣類乾燥機能があったらぜひ活用してください。外干しよりは時間がかかりますが、ただ部屋干しするよりは早く乾きます。

■サーキュレーター・扇風機・除湿器・エアコンの除湿モードや暖房を活用
洗濯機に乾燥機能もついていなくて、浴室衣類乾燥機能もない場合は、なるべく湿気の少ない部屋を選んで部屋干ししましょう。部屋干しが終わったら花粉の少ない時間帯(夜~早朝5時くらいまで)にできる限り換気をして除湿を。(換気・除湿をしないと、部屋に湿気を好むダニが発生してしまいます)
サーキュレーターや扇風機、除湿器、エアコンの除湿モードや暖房をつけてなるべく乾燥した環境を作るのもコツ。
また、カーテンを開け、屋内でもなるべく窓越しの日光に洗濯ものをあてておくと乾きやすくなります。

■それでもだめならドライヤーも活用する
最後の手段です。どうしても乾きが悪い洗濯ものがあって、すぐにでも着たいならば、ドライヤーをかけて即乾かしてしまいましょう。衣類の繊維がいたまないように、ドライヤーの首を振りながら、衣類から少し離して温風をあてましょう。

【プロのクリーニング師のアドバイス④】やむを得ず外干しをするときの工夫

忙しいとき、大量の洗濯ものを早く乾かしたいときや、住まいが狭くて部屋干しができないときなど…花粉症に苦しんでいたとしても「部屋干し」ができないときは、やむを得ず洗濯ものを外に干す場合もあるかと思います。
その場合に花粉をつきにくくする工夫を、プロのクリーニング師がお教えします!

〈花粉症の季節の外干しのポイント〉

■洗濯の際にはもちろん柔軟剤を投入しておくこと
冒頭でお伝えしたとおり、柔軟剤を投入するだけで静電気をおさえてくれるので、花粉が洗濯ものに付着しにくくなります。まずは柔軟剤を投入するのを忘れずに。

■洗濯ものはなるべく花粉の少ない時間帯(夜から早朝まで)に干すこと
夜から早朝までは24時間の中で一番花粉の飛散が少ない時間帯です。夜帰宅してから、朝5時くらいまでがおすすめです。天気予報はしっかりチェックして雨の降らない夜に外干しを。

■洗濯ものを取り込むときにはしっかり花粉を手で振り払ってから取り込むこと
なんと洗濯ものを取り込むときにサッと手で払うだけで、洗濯ものに付着した花粉の40%から60%を払い落とせる、というデータがあります。
花粉を払って落とすのは決して気休めではない対策法なので、手で花粉をしっかり振り払って室内に取り込みましょう。

■乾いたら即取り込むことを心掛けること
屋外に干しておく時間が長くなれば当然、付着する花粉の量も増えます。
乾いたなと感じたらすぐに洗濯ものを取り込んでおきましょう。

■どうしても付着した花粉が気になるならば掃除機で吸い取ること
どうしても取り込んだ洗濯ものについた花粉が気になるときは、掃除機のノズルを掃除用から布団用に交換し、外に干していた衣類やタオルなどの花粉を掃除機で吸い取っておくことも有効。
付着した花粉は完璧には取り去れませんが、とくにアレルギーのひどいひとの衣類などは掃除機でサッと吸っておくといいでしょう。

【プロのクリーニング師のアドバイス⑤】花粉症の季節、クリーニング専門店を活用したほうがいいケースとは?


春は花粉症の季節でもありますが、人生の節目の大切なスタートを切る季節でもあります。

お子様の入学式や就職した新社会人の入社式、春から異動で新しい場所に勤めに行くひとも。そんな大切な「はじめまして」のシーンで、くしゃみや鼻水が止まらなくなったら一大事。決して、たくさん花粉のついた服を着て出席したくないものですよね!

入学式や入社式、異動した先での初出勤には、大切な一張羅の衣類を着ていくひとも多いのではないでしょうか。

花粉の季節の大切な席・行事の予定・入学式・入社式・初出勤などに着ていく洋服やスプリングコートのお手入れは、プロのクリーニング師として、断然『クリーニング専門店でのクリーニング』を活用することをおすすめします。


〈花粉症の季節に大切な衣類をクリーニング専門店に出すメリット〉
■プロのクリーニング師の一流のお手入れをした衣類で大切な行事に出席できる
自宅でみずから衣類を手入れするのは、コスト面ではメリットがありますが、万が一大事な行事で着る予定だった衣類が色落ちしたり、縮んでしまったり、いたんでしまったら…と考えるとリスクもあります。大慌てで別の洋服を用意しなければいけない、なんて事態は避けたいもの。

クリーニング専門店ならば、プロフェッショナルの一流の技術で大切なお洋服を清潔にクリーニングし、手作業でのアイロンで形も美しく整えて仕上げてくれます。大切な行事には、バリッと形もキレイに整った洋服で出席したいものですよね。

■行事用の上質な衣類の素材に合ったクリーニング法で手入れしてもらえる
クリーニング専門店では、衣類の素材・形状・いたみ具合・汚れの具合に合わせて常時500種類ものクリーニング方法を用意している店もあります。

一張羅のお洋服に最も合った方法で洗ってもらえるのは大きなメリットです。よいお手入れをすることでお洋服の寿命ものび、長く着用することができるでしょう。

■クリーニング専門店では、衣類は乾燥室で温度を調節しながら乾燥させるため大量の花粉が付着することがない
クリーニング専門店では、天候に左右されるのでまず衣類の屋外干しは行いません。清潔で温度管理の行き届いた乾燥室が用意されていて、きちんと洋服の素材に合わせた温度での乾燥作業を行うのです。

もちろん屋外に干しませんので、大量の花粉が服に付着することはまずありえません。花粉症の重症なかたは、大切な行事に着る服ほどクリーニング専門店に依頼することを強くおすすめします。

■着たい衣類にシミ・汚れなどトラブルが見つかっても、プロのクリーニング師のクリーニングならば改善が見込める

プロフェッショナルのクリーニング師によるクリーニングと一般的な洗濯での一番の違いはここです。

クローゼットから出してきた一張羅のお洋服に、万が一、シミ・汚れなどのトラブルを発見したとしても、プロのクリーニング師ならば対処ができます。
大事な行事に着ていく予定のお洋服に見落としていたシミ汚れがあったとしても、クリーニング専門店に頼んでいれば安心なのです。

【プロのクリーニング師のアドバイス⑥】花粉症の季節の絨毯・マット・カーペット、布団・毛布のクリーニングこそ、クリーニング専門店を活用しよう

季節問わず、寝室の絨毯や布団・毛布などはキレイにしておきたいもの。放っておくとすぐにダニや雑菌の温床になりがちなので、まめに手入れをしているかどうかで絨毯や布団の清潔さはぜんぜん違ってきますよね。

でも花粉症の季節に自宅で絨毯や布団を洗って、晴れた日に外に干したら…結果は言うまでもなく、大量の花粉が付着し、家に取り込んだあとも花粉症の症状に苦しめられることに!鼻水や鼻づまり、涙の止まらない目、花粉症のひとにとっては考えただけでツライ状態に…。
プロのクリーニング師としておすすめするのは、そんな心配がいらない『クリーニング専門店を花粉症の季節こそ活用して、絨毯や布団をクリーニングしてもらう』ことです。

〈花粉症の季節に絨毯や布団などをクリーニング専門店に依頼するメリット〉

■自宅では外干ししかできない大きな絨毯や布団も乾燥室で乾燥させるので、大量の花粉が付着することがない
絨毯・布団を自宅で洗濯したというとき、一番やっかいなのが干す作業だと思います。大物なのでなかなか乾かない、濡れたまま外に運び出す運搬が一苦労…おまけに花粉症のシーズンは、外干しをすると大量の花粉が付着してしまいますね。
クリーニング専門店では、大きな絨毯・厚みのある布団もそれぞれ専用の清潔な乾燥室で干して乾かします。
天候に左右されてしまう外干しをすることはありませんので、洗った絨毯や布団に大量の花粉が付着する、という事態を避けることができます!
花粉症に苦しめられているひとにこそ、花粉のシーズンにクリーニング専門店を活用することをおすすめします。

■プロのクリーニング師による絨毯クリーニング・布団クリーニングで、一段違う清潔さを味わえる
自宅ではここまでできない、というレベルの清潔さが欲しいならば、断然クリーニング専門店での『絨毯・布団クリーニング』をおすすめします。

例えば絨毯ならば、一枚一枚大きなものでも手でブラシ掛けを行い、洗浄します。(効率的な機械でのポリッシャー洗浄も併用することも)

クリーニング専門店によっては、アレルギー体質のひとにも安心の天然石けんだけを使用し合成洗剤不使用でクリーニングをしてくれる店もあります。
また、クリーニング専門店によるクリーニングは、絨毯・布団のダニの除去率は家庭でのクリーニングや洗濯とは比べ物にならないほどです。

徹底的にキレイにしたいなら、プロのクリーニング師としてクリーニング専門店での絨毯・布団クリーニングを強くおすすめします。

■宅配クリーニング専門店を活用すれば、絨毯・布団を、新生活で忙しくてもラクチンにキレイにしてもらえる
入学式や入社式を終えて新生活に突入したあとは、大物の絨毯・布団の洗濯なんて、忙しくてなかなかできませんよね!

新生活を日々こなしていくので精一杯、なかなか絨毯や布団まで手が回らない…なんていうひとも多いのでは?

でもそのまま梅雨の時期まで放置してしまったら…絨毯や布団はどんどんダニが繁殖し、雑菌・汚れもそのままに。忙しさにかまけて先送りにすればするほど、汚い状態を我慢しなくてはなりません。
それならばいっそのこと、『宅配クリーニング専門店』に注文してしまいましょう!

宅配クリーニング店によっては、提携配送業者が、希望した日時に自宅まで絨毯や布団を引き取りに来てくれます。

パッと集荷してもらって、絨毯や布団をクリーニングに出し、キレイになって戻ってくるのを待ちましょう!

プロのクリーニング師として、春だからこそ、花粉のシーズンだからこそ、新生活で忙しいからこそ、『宅配クリーニング専門店』を活用していただきたいと思います。

花粉のシーズンに!デアの宅配クリーニング

クリーニングのデアは、花粉のシーズンにも安心な、衣類・絨毯・布団の専用乾燥室のある一流の工場設備を完備した宅配クリーニング店です。

温度管理の徹底された清潔な乾燥室で、衣類・絨毯・布団をじっくりと時間をかけて乾燥させますので、クリーニングしたものに多量の花粉が付着してしまうという事態は起こりえません。

花粉症のシーズンの洗濯やクリーニングにお困りのときには、ぜひクリーニングのデアにお声がけくださいませ。

プロフェッショナルのクリーニング師がお客様の大切なお品物をひとつひとつ丁寧にクリーニングし、美しく仕上げてお手元にお届けいたします。(ご自宅・勤務先・滞在中のホテルなどへの宅配も可能でございます。)

ぜひ一度、クリーニングのデアの高いクリーニング技術をご体験ください。

ご注文はこちら

季節のお手入れトピックス関連記事

  1. クリーニング歳時記 12月(師走) クリーニング歳時記 12月(師走)
  2. クリーニング歳時記 11月(霜月) クリーニング歳時記 11月(霜月)
  3. クリーニング歳時記 10月(神無月) クリーニング歳時記 10月(神無月)
  4. クリーニング歳時記 9月(長月) クリーニング歳時記 9月(長月)
  5. クリーニング歳時記 8月(葉月) クリーニング歳時記 8月(葉月)
  6. クリーニング歳時記 7月(文月) クリーニング歳時記 7月(文月)
  7. クリーニング歳時記 6月(水無月) クリーニング歳時記 6月(水無月)
  8. クリーニング歳時記 5月(皐月) クリーニング歳時記 5月(皐月)
  9. クリーニング歳時記 4月(卯月) クリーニング歳時記 4月(卯月)
  10. クリーニング歳時記 3月(弥生) クリーニング歳時記 3月(弥生)