家庭でできる洗濯の仕方、シミ抜き方法をクリーニングのプロが解説!~ 汚れのひどいダウンの洗い方~

お気に入りのダウンだったのでしょう。
ひどく汚れたダウンジャケットです。薄い色なので汚れが目立ちます。

汚れのひどいダウンの洗い方

白など薄い色のダウンの汚れたものは、一般のクリーニング店では水洗いをするところがあります。さすがに石油由来のドライクリーニングの溶剤では、汚れが取れないからです。
モンクレールのフェルトのロゴワッペンも汚れて、よれよれです
これは、洗った後毛玉取りで刈り取ってやればきれいになります。
これほどまでに汚れたダウンは、ドライ溶剤が汚れて一緒に洗う他の衣類も汚れてしまう恐れもあるので、断わられるクリーニング店もあります。また水洗いしたとしても油性の汚れは取れません。賢いクリーニング職人なら、水洗いとドライクリーニングの「W洗い」をするでしょう。
それでも洗浄力のある洗剤でブラッシングしなければ十分に汚れは取れません。
一般のクリーニング店ではブラッシングする工程が殆どないのです。クリーニング店に出しても、汚れは取れないまま帰っています。そんな経験がないでしょうか?それなら自分で洗濯(クリーニング)しましょう。難しくははありません。家庭の洗濯できれいになります。それでは始めましょうか。

手洗いブラッシングは、洗剤とアワが決めて!

汚れを取る洗剤は100%天然石鹸です。なければ食器洗いの洗剤を使いましょう。食器洗いですから脂汚れをよくとってくれます。
今回は粉石鹸を使います。洗浄力を高めるため、60度ぐらいの熱いお湯に粉石鹸を溶かし泡立てます。
家庭ではシャワーのついた浴槽のフタの上で行うと作業が楽になります。
よく泡立ててください。
石鹸や洗剤は、界面活性作用(油脂と水を混ぜ合わせる力)で汚れを石鹸水(洗剤水)に溶かして落とします。泡にも汚れを対象物から吸い出すようにはがし取り、包み込む作用があります。「泡が立っている=汚れを落とす力がある」のです。泡は空気を含んでいるのでクッション性があります。髪をシャンプーするときは充分泡立ててと言われるのは、このクッション性で髪の毛同士がこすれ合うのを防ぎ、摩擦によるダメージから髪を守るためです。また、顔や身体も泡で包むようにして洗うと、摩擦による肌への刺激が少なくてすみます。衣類も同じで、アワはブラッシングしたときの衣類のダメージを守ってくれるのです。
衣類全体に洗剤液をふりかけて、よく染み込ませます。

ダウンの汚れの箇所は袖口、袖うら、襟元、裾さき、ポケット周り

一番汚れのひどい袖口からやりましょうか。
これだけ汚れていると、1回や2回のブラッシングで取れません。ブラッシングを繰り返します。
でも力を入れる必要はありません。力を入れすぎると繊維に影響を与えますし、軽くブラッシングするほうが、このナイロンブラシ(市販のもの)効果が高まります。
汚れが取れてきました。
裏側もこのとおり。
ロゴワッペンもブラッシングでキレイになります。これをキレイにすると、全体がきれいになった感が強くなりますから、実行してください。
手を出し入れするポケット部分は手垢がついて汚れます。
泡立った溶剤で洗うことが大切。泡がなくなってきたら、洗浄力が落ちてくると思ってください。
ここは、2~3回のブラッシングできれいになりました
襟もとは汗汚れ、皮脂がこびりついているので入念に洗います。
なにやら黒っぽい汚れを見つけました。汚れではなく中の羽毛のようです。
黒い羽毛が混じっているのです。これは乾燥したら見えなくなりますが、中には汚れのついた羽毛が表地に浮き出てきて、表からいくらブラッシングしても羽毛の汚れは取れません。ドラム式洗濯機で強めに洗ってやると羽毛の汚れが取れて黒いシミは取れてしまいます。油脂を含んだダウンは、水分をはじいて防寒性を高める役割をするので、メーカーもダウンを洗浄する際に油分を完全には取らない処理をしているので、中には汚れた羽毛が混じるのでしょう。
全体的にブラッシングが終わったら、プロはドラム式水洗機で本洗いしますが、家庭ではドラム式洗濯機で洗うか、または押し洗いで中の羽毛を洗浄します。

詳しくは、
「ダウンジャケットの高級洗濯のコツ!」を御覧ください。

アイロン仕上げ

洗いおわったら、自然乾燥して生乾きのままタンブリング乾燥をすると、シワも伸びてアイロンがいらないぐらいに上手に仕上がります。

それでもプロは何故アイロン仕上げをするかといえば、蒸気を当てることで、繊維の細かいシワが伸びて、ツヤが出てくるからです。
それは家庭のアイロンでもある程度できます。アイロンの温度を最大に上げて、蒸気がよく出るようにセットします。そして、アイロンを生地スレスレにゆっくりとアイロンを移動しながらかけていきます。
ツヤが出て、生地の表面が柔らかい感じになります。

ひどく汚れていた襟元、袖口もすっかりキレイになりました。

真っ黒に汚れていた袖うらも、見違えるようです。

ダウンジャケットの高級な「家庭クリーニング」の完了です。

今回のモンクレールはじめ、デュベチカ、タトラス、カナダグースなど、ハイブランドの家庭クリーニングのコツを解説します。詳しくはこちら

家庭で落としきれない場合や洗えない品物はデアにご相談ください。

  1. ブランドダウン
  2. 料金表
  3. ご注文

ダウンジャケットのビフォア・アフター

以下は、同じ洗濯方法でダウンウエアの処理をしたビフォア・アフターです。

ビフォー
アフター
ビフォー
アフター
ビフォー
アフター
ビフォー
アフター
ビフォー
アフター
ビフォー
アフター

金属ボタンのサビは、私達は「シュウ酸」を使いますが、劇薬の範疇に入るものなので、家庭では手に入りません「錆落とし」はホームセンターなどで売られていますので利用してみてください。意外と簡単に落とせます。

プロが洗うシルクやカシミヤ、ウールなどの天然素材や、高級ブランドの衣類

クレアンのマイクロバブルウオッシュ

シルクやカシミヤ、ウール、アンゴラなどの天然素材や、高級ブランドの衣類は、クリーニング店に依頼すると、必ずといってよいほどドライクリーニングになります。
ドライクリーニングは汗汚れがほとんど取れなくて、それを繰り返していると、汗の成分が蓄積され、重くなり、腕の通りも悪くなります。

クレアンのマイクロバブルウォッシュは、超微粒子の泡で繊維を洗います。

マクロバブルウオッシュは、水洗いなのに、繊維を洗うのは水そのものではなく泡の微粒子です。繊維は水に直接触れることが少なくなることで、水が関わる繊維に対するダメージを限りなく小さくすることができ、またその微粒子が汚れを引っ張り出します。洋服の縮みや型崩れ、風合いを変えることなく洗い上げます。
水洗いによる繊維の負担を最大に軽減したマイクロバブルウオッシュ。汗汚れがとれてスッキリし、衣類が軽く感じます。汚れもとれて、水洗いだからドライクリーニングの匂いも一切なし。
ウールやカシミヤ・アンゴラなどの高級衣類も安心してクリーニングできます。

この記事の転載OKです。その場合、出展:家庭でできる洗濯の仕方、シミ抜き方法をクリーニングのプロが解説!(アットデア)を明記してください。