ソファーのお手入れ

ソファーの掃除

ホコリなど、汚れがついてしまうとかなり大変なのがソファーのお掃除。
日常的に洋服用のブラシがけでホコリを取っておきましょう。ソファの隙間にゴミが入ってしまうことがありますので、掃除機で吸い取りましょう。時々表面に掃除機をかけるとブラシでも取れなかったホコリを吸い取ってくれます。
またソファーカバーをかけておくことも大事です。大きな布をシートや背もたれに掛けておくだけでも、随分と違います。

布地のソファー

ブラッシングや掃除機をかけるという方法がありますが、水拭きをする方が汚れはよく取れます。固く絞ったタオルで拭いてください。あまりゴシゴシこすらないように。ポリエステル以外のコットンやウールの場合は傷んだり、縮んだりすることがあります。

シミやジュースの汚れの場合は、台所用やエマールなどの中性洗剤で拭きとり、きれいなぬれタオルで、洗剤を拭きとってください。

合成皮革や塩化ビニール素材のソファー

掃除機は引っかき傷がつきやすいので避けましょう。
その代わり合皮のはもともと汚れにくく、汚れを取りやすいという特長がありますので、きれいな布で乾拭き、汚れがある場合は中性洗剤で拭きとり、きれいなぬれタオルで洗剤成分が残らないように洗剤を拭きとってください。

レザー・本革のソファー

掃除機でホコリを吸い込むときは革表面に直接触れないようにして行い、キズを作らないようにしましょう。汚れが目立つ部分はぬるま湯に浸して固く絞った布でトントンとやるか、市販の革用クリーナーなどを使うのも良いでしょう。

ただ、このクリーナーは革の素材によって合う、合わないがありますので、目立たないところでテストしてから使用することをおすすめします。

ソファーカバーの洗濯

最近カバーを交換できるソファが増えてきたので、汚れてもソファー張り替えがしなくてもクリーニングが出来ます。 はずして我が家で洗いたいと思われるでしょうが、布地がポリエステル以外は確実に縮みます。縮んでしまったら、取り付けることが出来ませんので、ソファーカバー専門のクリーニング店にお願いしましょう。

さらに合皮、レザー・本革は、家庭では洗濯出来ません。自宅で洗えるものはポリエステル製のものだけです。こうした布地は優しく手洗い(お湯は厳禁。30度以内のぬるま湯)することが出来ます。干すときは必ず陰干しにし、脱水機にかけたり、絞ったりしないでください。濡れたままで陰干しましょう。

ご注文はこちら