絨毯

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)は衣類と一緒に注文できますか?
一般衣類、布団、ウエディングドレス、絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)はそれぞれ工場が違いますので、お手数でも別々ご注文下さるようお願いいたします。
それぞれのご注文フォームからお願いいたします。

宅配会社は選べますか?
絨毯の運送会社は佐川急便となっております。
他の宅配会社で送っていただく場合は、元払いでお送り下さるようお願いいたします。
大型絨毯サイズの場合、西濃運輸となります。
注文時に気をつけることはありますか?
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)のほつれ、破れ、シミの状態などをご確認下さい。カーペット(ラグ)に不具合がある場合は、ご注文用紙のメッセージ(備考)欄にご記入下さい。
専門スタッフが細心の注意を払って作業を行なっておりますが、シミなどによって生地が弱っていたり、裏地がはがれていたりすると、作業中にさらに破損が生じる場合があります。
また、素材によって染色の弱いものがあり、色のにじみ、脱色をおこす場合があります。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)のキャンセルや破棄の場合はなるべく早くお願いいたします。
すでにクリーニング作業に入っている場合は、申し訳ありませんがキャンセルは受け付けられません。
お客様のお申出によるキャンセル・返品の場合は、往復送料のご負担いただきます。
当社送料表に基づき、往復送料+324円(代引き手数料)の金額を、代引き(代金引換)でお送りさせていただきます。
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)を破棄する場合、破棄料金は1m2あたり432円を頂戴しております。
お送りいただく片道送料のご負担もいただいておりますので、ご了承くださいませ。

予約した引き取り日時に引き取りに来てくれません。
指定の時間帯に引き取りに来ないということが、ごくまれに発生する場合があります。
お中元時期の7月、お歳暮時期の12月、また突発的な道路事情などで、お伺いする時間が遅くなる場合もあります。
集荷の不備が生じた場合は、佐川急便最寄の営業所または 0120-890-861 までご連絡ください。
仕上がったカーペット(ラグ)の届け先を別の住所にすることはできますか?
お引取りとお届けの住所を変えることが出来ます。

  • メールフォームでお申込の場合:【別の住所に配送する場合】欄に、住所等を入力して下さい。
  • お電話でのご注文の場合:必ずお引取り住所と届け先住所をお伝え下さい。
  • FAXでのご注文の場合:備考欄に届け先住所(電話番号必須)をご記入の上、送信して下さい。

お引越しなどに便利なサービスですので、是非ご利用下さいませ。

洗えないカーペット(絨毯)を送った場合、どうなりますか?
洗えない絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)は基本的にはありませんが、生地が弱っていて破れる可能性のあるものは、返品させていただくことがあります。
往復送料をご負担頂き、送料着払いでお返しいたします。(沖縄・離島は実費ご負担)不明な点がございましたら、事前にお問い合わせ下さい。
ポリウレタン100%のラグで洗濯表示には、水洗い・ドライクリーニング・エンソなどすべてが×となっています。洗えますか?
特別技術や手洗いによりクリーニングが可能です。 素材で洗えない絨毯はありません。
ポリウレタン100%のラグだけでなく、カーペット(じゅうたん)には洗えない洗濯表示マークが付いているものがあります。
そのような絨毯でも素材の質に合わせて、様々な絨毯洗浄方法で「汚れを落とす、痛めない」という方針でカーペット(絨毯・ラグ)クリーニングを行っています。 ポリウレタンはスポンジと同じ素材で2~3年で劣化が生じてきます。繊細なラグ(カーペット・絨毯)は、素材の原因でまれに劣化する事があります。
濡れたカーペット(絨毯)はそのまま送ってもいいのですか?
びっしょりと濡れたままでは、重量制限の関係で宅配便で取扱が出来なくなります。
2~3日天日に干して、重量を軽くしてからお送り下さい。
搬送途中でまたカビが生えたり、色がにじんでしまうことがあります。修正出来ないことがありますので、ご了解下さい。
購入してから何年もクリーニングしていないので、我が家のラグは汚れ放題です。汚れは取れるのですか?
長い間洗っていない絨毯の汚れも、キレイになります。

お客さまから絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)が届き、1点1点検品しますが、毎回検品場を掃除機を掛けなければほど、ホコリ、小さなゴミが出て来ます。

それほどカーペットはホコリの巣となっているのです。

家庭でこまめに掃除機を掛けても、ホコリは絨毯の奥に入り込んで十分に吸い取れません。
ハウスクリーニングや多くのカーペットクリーニングの「シャンプー洗い」では取ることが出来ません。

これを解消するのは、水で洗い流すしかありません。デア絨毯工場では、大量のEM菌溶剤で洗い流してしまいます。

また長い時間が経過してしまったシミや、日差しに当たったシミの多くは、化学変化を起こして繊維に固着しています。

こうしたものはカーペットクリーニングのしみ抜きで汚れは取れますが、特殊作業(有料・取れなければ減額)となりますが、シミの跡が残る場合があります。

シミ汚れは繊維を弱くしてしまいます。

シミが付いたらなるべく早くクリーニングにお出しすることをお勧めします。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)のシミは取れるのですか?
手洗いだから、一点一点シミの箇所を点検し、除去することが出来ます。古くなっていないシミなら大抵のものは取れます。

さらに抗酸化力のあるEM菌は、しつこい汚れ、臭いを落とす働きがあります。
古くなって酸化、変色してしまったシミは、落とすことが出来ないことがあります。
タンスやテーブルなどで変形した部分は元に戻りません。

日当たりの悪い部屋のラグにカビが生えていました。取れるのですか?
大抵のカビは水洗いで落とすことが出来ます。

EM菌はカビ除去、またカビ予防に効果があります。

繊維の奥までカビに侵食されたカーペット(点々とついた赤い、茶色いカビ)は、カビ菌は除去されていますが、カビ跡が残ります。

カビの予防は部屋の風通しをよくすることです。
またカビが生えたらすぐにでも絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングに出すことをお勧めします。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)の臭いはクリーニングで消えますか?
臭いと言ってもいろいろです。カビ臭い、汗の臭い、おしっこ、ペットのおしっこの臭い、芳香剤、香水など様々です。

カビは他のカーペットクリーニング店でも水による丸洗いであれば、水をよく通すことによって、大部分は取れるのですが、臭いは残ります。「シャンプー洗い」ではカビは表面だけで中までのカビは取れません。

EM菌には、大腸菌など雑菌を押さえ、汚水を浄化するなどの効果がありますので、カビの臭い、タバコの臭い、おしっこ、ペットのおしっこの臭いまで分解することが出来ます。

但し、発情期の猫の強烈な臭いのおしっこには、香水と同じく臭いを消さない成分が入っているため、臭いが残ってしまうことがあります。

芳香剤、香水、ドライクリーニングの溶剤などの化学的な臭いは、改善されますが、残念ながら十分除去できません。
また、絨毯製造に使われている接着剤の臭いは除去できません。

ペルシャやパキスタンのウールの絨毯はウール独特の臭いが出てくることがあります。 これは素材そのもの臭いです。 天然石鹸とEM菌の脱臭効果で臭いはかなり改善されますが、100%除去する事は難しいです。

なお、ニオイに関しては個人によって感覚に違いがあることをご了承ください。

ペットを飼っています、ノミやペットの毛が心配です。丸洗いできれいになりますか?
ペットの毛、人の毛、小さな糸くず、チリなどの付着物は絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)の繊維にまとわり付いて、クリーニングだけでは取れません。

これらのものは別途作業で出来る限り除去しますが、生地の目の中にまとわりついているものは、取れないことがあります。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)丸洗いクリーニングでノミを完全に洗い流します。万が一残っていても、70度以上の乾燥熱で死んでしまいます。

室内でペットの犬や猫を飼われている方のカーペット(絨毯)を洗うと、クリーニング廃液の中からたくさんの蚤(ノミ)が出てくることがあります。

室内でペットを飼われている方は、定期的な絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングを是非お勧めします。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)から白い粉のような物が出てきます。
大多数のカーペット・ラグは、裏張りと表面のパイル(布地)を接着するために、水溶性ラテックスという接着剤を使用しています、これが時間経過とともに加水分解を起こして劣化し、砂のような細かい接着剤の残骸が出てきます。

クリーニングで除去しても、接着剤の劣化とともにすぐ出てきてしまいます。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングで取れないシミは何ですか?
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングは水洗いですので、油性のシミはしみ抜き油性処理を致します。
油性ペン・蛍光マーカー、ペンキ、マジックインキなど油性の汚れは、十分に取れません。

コーヒー、ワイン、カレー、ココアなども色素が残る場合があります。墨汚れは、まわりに滲むことがあります。

1年以上経過、酸化してしまった古い血液のシミ、風邪薬などどんなものでも薬を服用されている方の血液のシミ、生理のシミで古くなったものは、十分取れないことがあります。

ホットカーペットは洗えますか?
ホットカーペットの電気系統を保護しながら手洗いで洗います。クリーニング前とクリーニング後に通電確認いたします。クリーニング前に通電しないものはご連絡後、返品させていただくことがあります。

また、ふちどりのあるホットカーペットのカバーは、本体との素材の違いから、使用中に熱せられることによって、縮んでくることがあり、クリーニングする事で一層縮みがはっきりしてきます。これは素材上の問題です。

ムートンは洗えますか?
ムートンも水で丸洗いいたます。

ドライクリーニングの溶剤は石油ですので、羊毛の油分が取り除かれてしまいます。デアの丸洗いクリーニングなら羊毛の油分を取り除く事なく、汗汚れだけを除去します。

汗の水分が蒸発しても、汗の成分(塩分、尿素、ミネラルなど)は蓄積されます。これらは水溶性ですから、汗はドライクリーニングでは取れません。水洗いが決め手なのです。

絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)の丸洗いクリーニングでカーペットが縮んだり、痛んだりすることはありませんか?
他クリーニング店と違って、デアの絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニングは手洗いが基本です。
汚れを天然石けんとEM菌水で、手洗いと柔らかい電動ブラシで落とします。

「ビリ」と呼ばれるイランの水切り道具を使って人力で脱水します。
カーペット(絨毯・ラグ)がよれたり、傷めたりしない理想的なクリーニング方法です。

多種多様な種類の絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)は、画一的な機械では対応出来ません。
手洗いだから、どんな特殊な絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)も洗うことが出来るのです。

ほとんどの絨毯クリーニング工場が1度に大量に機械で洗うから、必然的に水によるゆすぎのない「シャンプー洗い」を選択せざるを得ないのです。

しかしそれでは、汚れが落ちなくて、洗剤が濃く残ります。

デア絨毯工場は合成洗剤を使わないで、天然石けんとEM菌水を使って手洗いで絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)を洗い、そして洗剤を洗い流してしまう数少ない工場です。

どんな工場でクリーニングをしているのですか?
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)クリーニング30年の実績ある絨毯専門工場でクリーニングしています。
長年カーペット(絨毯・ラグ・マット)洗いと健康に関する洗剤の悪影響の研究を重ねて来ました。

絨毯の本場スタッフを中心に熟練作業員が検品・シミ抜き・手洗い・洗浄機・乾燥・仕上げのそれぞれの部門を受け持ち、作業しています。

下の子供がハイハイをし始めて、上の子供がお気に入りのラグを遊び場にしています。大丈夫でしょうか?
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)丸洗いクリーニングのデアでは、合成洗剤を一切使用しませんので、安心してください。

またEM菌溶剤で洗剤を流してしまう丸洗いですから残留洗剤もありません。
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)の洗濯表示が全て×となっているものが多く、一般のクリーニングでは、洗い流すことをしないシャンプー洗いをしています。
シャンプー洗いは洗剤を洗い流すことをしないので、洗剤はそのままカーペット(ラグ)に残ります。
また合成洗剤を使うとどんなにゆすいだとしても残留洗剤が残り、肌を刺激するのです。
またアトピーや花粉症などのアレルギーは水道水の消毒に使っている塩素が、人をアレルギー体質にするに要因となっているのではないかと指摘する学者もいます。
水道水にさほど塩素が使われていなかった時代や、井戸水を飲料水として利用していた時代には、アレルギーは今ほどはびこっていなかったのですから。

デア絨毯工場では、天然油脂から作られた石けんと、飲料水にも使われているEM菌水で洗います。
だから赤ちゃんのハイハイにも安全で安心です。

ひどいダニアレルギーで困っています。クリーニングをすれば絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)からダニはいなくなりますか?
絨毯はEM菌水の丸洗いで90%以上のダニ・ダニの糞・死骸を洗い流すことが出来ます。
そして、高温乾燥(約50度以上)でわずかに生き残ったダニも、死滅してしまいます。
これで絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)からダニ・ノミはいなくなります。
カーペット(ラグ)のダニ駆除は丸洗いに勝るものはありません。
ハウスクリーニングの絨毯洗いやほとんどの絨毯クリーニングの「シャンプー洗い」はダニを十分除去出来るとは言えません。
クリーニング後、絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)を届いたビニール袋に入れたまま保管しても大丈夫ですか?
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)が届きましたら、できるだけ早くビニール袋から出し、収納・保管してください。
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)の乾燥は十分に行われていますが、湿気は心地よい程度に残してあります。
季節によって、ビニール袋と外気の温度差による結露が発生し、カビなどの原因となることがあります。
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)の破れやほつれは、修理してくれますか?
絨毯(じゅうたん・カーペット・ラグ・マット)の破れ、ホツレの修理などは申し訳ありませんが受け付けておりません。

お客様自身で洗ったものの毛足がヨレてしまった、変形してしまったものは当社でも元に戻すことはできません。