ぬいぐるみ修理例のご紹介

ほつれ、ほころびの修理例 縫い閉じ

クリーニングが終わって、犬のぬいぐるみが修理工房にやってきました。
ほつれ、ほころびの修理依頼です。ほつれ、ほころびが起こる理由は、生地や縫い糸の経年劣化によるものがほとんどですが、毎日かわいがっているうちに、弱ったところが切れてほころんだりします。

他にも、汚れてきたので洗濯機でガラガラ回してしまって破れたという修理のご依頼も多くあります。ぬいぐるみの中の綿に水が染み込むと重くなり、生地に負担がかかりすぎて、洗濯機の中で破れてしまいます。ぬいぐるみクリーニング工場での洗い方はすべて手洗いです。家庭で洗う場合でも手洗いをおすすめします。そして脱水は短くです。
首のところの縫い目がほつれて、穴が空いてしまっています。これはうまく閉じれば大丈夫です。

続きを読む

綿詰め・綿補充作業の例

このワンちゃんが前のめりに縮こまってしまったのを補正してほしいという依頼です。

ぬいぐるみを抱きしめたりなど、長くかわいがっているうちに中の綿が縮んで細くなってきます。そのせいで形が崩れてくるのです。綿補充をして姿勢を正します。どこから綿を入れるか。まず綿を入れる場所を探します。

続きを読む

ご注文はこちら