ビーズ、スパンコールのついた衣類

シルクやウールやなど、一般的に水洗いできない素材は、ドライクリーニングの洗濯表示になりますが、そこにビーズ、スパンコールなどの装飾品がつくと、ドライクリーニングのセキユ系の溶剤で、装飾品がはがれてしまうのです。

一般のクリーニング店で、ビーズのついた衣類が断られることが多いのは、その理由です。

ビーズ、スパンコールのついた衣料は、水洗いが原則です。ビーズ、スパンコールのついたセーター、ニットなどは、型崩れをしないで水洗いが出来るクリーニング店に出さないと危険です。