洗濯表示マーク

ウール100%、コットン100%、合成繊維などの組成表示と一緒に、裏地やポケットの中についている洗濯表示を、よく見て洗濯するのは大変大事なことです。

クリーニング店でも、不明なものは、必ず洗濯表示を確認します。

ファッション性が豊かになるとともに、水洗い×の衣類が増えてきました。
加工された衣類のほとんどは、ドライマークが表示されており、セキユ系でクリーニングとなっています。

または手洗いの指定。タンブラー乾燥がNG。低温アイロン。中には水洗いも×、ドライクリーニングもNGの洗濯表示がついたものもあります。

衣類は着用すれば汚れます。洗濯できない衣類と言うのはどうしたことなのでしょうか。