しみ抜き前のテスト~クリーニング職人でもわからない色落ち~

色落ちする可能性のある繊維は、クリーニングの染み抜きの前にあらかじめテストする。洋服を裏替えして、はみ出た生地を探します。

その小さな部分を利用して、固形せっけんをこすり付けてみるのです。これで色が変わらなければ、大丈夫。色落ちする生地はその時点で色がにじんできます。

それで洋服を再度表側にして、安心して作業に入ります。家庭の洗濯でもテストをすることをお勧めします。

特に漂白剤を使ってエリの黄ばみなどを取るときは、古くなっていらなくなった洋服でどんな感じになるか試してから作業してください。失敗しない方法です。

「専門家だから、洋服を見れば色落ちするものかどうかわかるのではないか、」と、言われることがありますが、プロでもこれがよくわからないのです。(続く)