エナメルレザーにシミがついて、エナメル用のクリームでいくら拭いても取れません。

エナメルは光沢が特徴ですが、表面を顕微鏡で見てみると無数の小さな穴が開いていまためそこから汚れが入り込んでしまいます。表面からどんなことをしても汚れは取れません。

この場合、表面のエナメルを1度剥がして中の汚れを取り、再度樹脂加工行うことができますが、元のような光沢にはなりません。

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

レザー・皮革よくあるご質問