エナメルにシミがついて、エナメル用のクリームでいくら拭いても取れません。

エナメルは、ピカピカしている光沢が特徴ですが、表面を顕微鏡で見てみると、無数の小さな穴が開いています。そこから汚れが入り込んでしまうのです。表面からどんなことをしても汚れは取れません。作業として表面のエナメルを1度剥がして、中の汚れを取り、再度エナメル塗装をやり直します。大変難しい作業ですが、元のようになります。これはバッグクリーニングのデアだけができる技術です。

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

鞄・バッグよくあるご質問