スエードのバッグにシミがついたときの対処法は?

表面に起毛がある皮革は「スエード」「ヌバック」「ベロア」と呼ばれています。
スエードは雨に濡れると、もともとついていた汚れを吸収して必ず跡がつきます。放置しているとそのまましみとなって定着してしまいますので、早めのクリーニングをお勧めします。
シミが中まで浸透してしまったものや変色してしまっているものは、クリーニング後色補正で再生しますが、皮の素材、色によって薄く残る場合があります。
スエードのリカラーは生地の風合いが変わります。

クリーニングについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

鞄・バッグよくあるご質問