高級ダウン専用アクアウォッシュ

ダウン衣類は水洗いが決め手!

当店のダウンクリーニングは「水洗い」!
モンクレール(Moncler)・タトラス(TATRAS)・デュベティカ(DUVETICA)・カナダグース(CANADA GOOSE)など、人気のブランドダウンにもおすすめの水流浮遊方式で洗うことにより、ダウン衣類に負荷をかけない高品質な水洗いを実現します。

仕上げにもこだわっていますので、「ウェットクリーニング」マークのクリーニングをお求めのお客様も、ぜひご利用ください!

水洗いが良い理由 その1:汗汚れをキレイにします

ウェットクリーニング保温性に優れたダウン衣類を着ていると、思った以上の汗をかきます。
ダウン衣類は汗による湿度を吸収・放出する機能には優れていますが、汗が蒸発しても、汗の成分(塩分、尿素、ミネラルなど)はダウンに蓄積されます。
汗は水溶性の汚れなので、ダウン衣類専用の「水洗い」でこそしっかりと落とすことができます。
汗汚れを取り去りますので、クリーニング後のダウン衣類は軽く感じます。

水洗いが良い理由 その2:羽毛の保温効果を守ります

ダウン衣類の中身ほとんどのクリーニング店では、ダウン衣類に負荷を掛けないため・型崩れを防ぐためにと言って「ドライクリーニング」をしています。
しかし、ドライクリーニングの溶剤の原料の多くは石油。
ダウン衣類は保温効果を高めるために羽毛を使用していますが、ドライクリーニングではその油分が取り除かれやすく、肝心の保温効果が低下してしまう恐れがあります。

軽くて保温性の高い衣類に使われているダウンとは、グース(ガチョウ)やダック(アヒル)といった水鳥の羽毛です。
水鳥の羽には油分があり、鳥たちはこの油分のおかげで水の上に浮くことができ、寒い地域でも冷気を防ぐことができます。
一度失われてしまった羽毛の油分は元に戻りません。
だからこそ、ダウンの保温効果を守って洗う「水洗い」が決め手になります!

袖口、襟汚れは手洗い除去!

ダウン衣類をクリーニングに出して、衿や裾汚れがそのまま残っていることありませんか?
当店では、白や淡色系のダウン衣類は、袖口、衿の汚れが目立つので1点1点ダウンの羽がつぶれないように汚れを落としていきます。

安心の分別クリーニング方式!

分別方式だから汚れの多い・臭いのひどいダウン衣類と一緒に洗いません。
汚れ移りの心配は一切ありません!

ダウンに合わせた乾燥でふわふわに!

自然乾燥クリーニングのこだわりは洗い方だけにとどまりません。
乾燥に柔らかダウンの秘密があります。
ダウン衣類の羽毛は、ただ洗って乾かしただけでは寄り固まってしまい、ボリュームが失われてしまいます。
また、乾燥させるために長く乾燥機にかけると、デリケートな羽毛は傷んでしまいます。

タンブリング乾燥当店ではそのような事態を避け、より良い仕上がりになるよう、自然乾燥とタンブリングでの復元乾燥の組み合わせにより、ダウンを傷めずふっくらと仕上げています。
また、デリケートな衣類はネットで保護しながらタンブリング乾燥していきます。
ご家庭ではこの仕上げ処理が上手くいかず、ダウン衣類がしぼんでしまったり、中のダウンが寄り固まってしまいますが、専門業者の大きなタンブリング乾燥機ではダウンをふわふわにほぐすことができます。

最大8ヶ月無料保管!

ダウンの保管かさばるダウン衣類は保管サービスが便利!
最大8ヶ月まで、管理・保管致します。

ご注文はこちら