カーテンクリーニングのデア

汚れを一掃できるカーテンクリーニングは「水洗い」

カーテンを扱うクリーニング店の多くは、「ドライクリーニング」を選んでカーテンを洗浄します。
ドライクリーニングは、デリケートで縮みやすいカーテンもリスクなく洗浄できるメリットがあります。

しかし肝心のドライクリーニングの洗浄力・汚れ落とし効果については、実は「優れている」とは言いがたいのです。
(※写真 ドライクリーニングマシン)

石油系油脂溶剤を使用するため、ドライクリーニングはカーテンについた油汚れには優れた洗浄力を発揮します。ただし、人の汗のような水溶性汚れ、またチリ・ホコリのような汚れ落とし効果はとても弱く、そのような汚れはドライクリーニング後も落ちずに、カーテンの生地繊維に残ってしまうことになります。

油溶性汚れ・水溶性汚れ・チリ・ホコリ・カビなど、あらゆる汚れに対し、ドライクリーニングよりはるかに汚れ除去効果に優れているのは「水洗い」です。
デアのカーテンクリーニングは、お預かりしたほぼすべてのカーテンに水洗いを施します。熟練技術者の手作業洗浄処理も加え、水にさらすクリーニングを行っても、カーテンを傷めることなく洗い上げます。

デアのカーテンクリーニングの工場では、お品物が届くとまず初めに検品を行い、シミや汚れがどこについているか、日焼けしてダメージを受けている部分がないか、など細かく確認していきます。

お預かりしたカーテンの状態をしっかりと把握したあとは、本洗浄の前に「前処理」を行います。
ピンポイントについている濃いシミ・カビ・汚れなど、ブラッシングも施しながら少しずつ丁寧に除去していきます。

高度なカーテン漂白技術でカビもしっかり落とす

デアのカーテンクリーニングにおいて、圧倒的に依頼が多いのは「ひどくカビがついてしまったカーテン」です。
カビは窓際の結露など湿気を餌に、短期間でカーテン繊維に繁殖し、色素沈着のような、除去しにくい頑固な汚れになってしまうのです。

カビは、その性質としては水溶性でもなく油溶性でもない「不溶性の汚れ」に分類されます。つまり、水にさらしても油脂溶剤にさらしても、サッと除去できる性質のものではない、ということです。
そのため、丁寧な特殊漂白処理や、技術者の手によるブラッシング処理を施して除去していく必要があるのです。

前述の「前処理」では、カビのついたカーテンには、重点的にカビ落としの処理も加えていきます。
軽めのカビには酸素系漂白剤を使用し、職人による手作業のブラッシング処理を施します。

ひどく濃い除去しにくいカビが付着している場合は、酸素系よりもさらに強力な塩素系漂白剤を用いることもあります。カーテンは日焼けしても退色しにくい方法で染められているため、プロの技術で慎重に行えば、高い漂白効果のある塩素系漂白剤を使ってカビを除去することも可能です。

また、プロは塩素系漂白剤を使う前に、目立たない部位でテストをして色柄が落ちてしまうことがないか確認し、慎重にカビを除去していきますが、テストもなく安易に使用すると、塩素系漂白剤の強力な漂白効果で、色柄が抜け落ちてしまうこともあります。

カーテン全体に黒いカビが繁殖し、色素沈着のように染み付いてしまうと、家庭での洗濯ではすべて落とし切ることは難しいでしょう。
そんな時には、経験豊富な職人が手掛けるデアのカーテンクリーニングを、ぜひ試していただきたいのです。

自然乾燥・手作業アイロン仕上げでカーテンが見違える


ブラッシングや漂白処理などのカビ除去、染み抜きといった前処理が終わった後は、専用のマシンを使用してカーテン全体をしっかりと洗浄します。

そしてカーテンに優しい短時間の脱水処理を施し、吊るして自然乾燥を行います。
素材によっては、熱を加えた乾燥処理はカーテンが縮む原因となるので、じっくり時間をかけて、自然乾燥させていきます。


最後に、クリーニング職人の手作業でアイロンをかけ、カーテンを整えます。
窓に吊るした際に、カーテンのひだがキレイに揃うように、細部までアイロンをあて、美しい形に仕上げます。

このように、デアはカーテンの洗浄から仕上げまで、機械だけではなく技術者の手作業も交えて丁寧にしっかりクリーニングすることを大切にしています。
すべての工程において、ほかのどのクリーニング店よりも良い技術でクリーニングを施し、しっかりとキレイな状態に仕上げてお客様にお届けしたいのです。
カーテンの汚れやカビ、シミにお悩みの際は、高品質のクリーニングにこだわるデアにぜひお任せください。

素材にあわせてカーテンを丁寧に手洗いします

0_cカーテンはハウスダストやホコリを吸い込んで汚れていきます。
放っておくと、くつろぎのリビングが蓄積された汚れで澱んだ空間に……。
カーテンに付着したホコリやカビの胞子、ダニはハウスダストとなって、アレルギーの原因となることも……。
カーテンをクリーニングすることで、明るいお部屋づくりと衛生的な環境づくりをお手伝いします。
高級カーテンのメンテナンスも、長年の実績をもつ当店に是非ご相談ください。
素材に合わせて、最善の方法で丸洗い致します。

ビフォーアフター

知らないうちについちゃうカビ!!カーテンのカビ対策とは?

ビフォー
知らないうちについちゃうカビ!!カーテンのカビ対策とは?
アフター
知らないうちについちゃうカビ!!カーテンのカビ対策とは?

ビフォーアフター一覧

  1. カーテンクリーニングを注文する

クリーニングの間に、紙カーテンをご用意

2_cクリーニングの間、カーテンがなくて不便!という方に紙(養生)カーテンをご用意しています。

  • サイズ:横200cm × 縦200cm  ※紙なので簡単にカットできます。
  • 色:茶
  • 1枚400円(税抜き)で、(何枚でも)送料400円にてご郵送致します。

ご用命の方はご注文の際にご希望枚数をお伝え下さい。
※紙カーテンのみの販売は行っておりません。

備考

curtain_tassel
  • カーテンの取り外し・取り外し・宅配のための梱包はお客様ご自身にお願いをしております。
  • 取り外しのできないフック以外は紛失を防ぐ為、予めフックを外して、お客様にて保管してください。
    ※フックがついたままの場合、紛失しても責任は負いかねますので予めご了承お願い致します。
  • ドレープ(厚地)とレースの二重カーテン(上端で縫い合わせてあるもの)は、それぞれの料金がかかります。
    ドレープ(ドライ)とレース(水洗い)の二重カーテンもクリーニング可能です。
  • ベルベット生地による追加料金はありません。料金は生地の厚さ・素材によります。
  1. カーテンクリーニングを注文する

カーテンクリーニング | 全国宅配クリーニングと修理のデアに関する更新情報

ご注文はこちら