クリーニングカウンセリング ソファカバー

ソファカバー

Title 大きなシミができてしまったソファのカバー。クリーニングでキレイにできますか?


取り外し可能なソファカバーのシミについて。タグには綿・ポリエステル製と書いてある、布のソファカバーです。
赤ワインをこぼしてしまい、大きなシミをつけてしまいました。クリーニングでキレイにできますか?

デア クリーニングカウンセラーより

インテリアファブリックにシミをつけてしまうと、大失敗したような気持ちになりますよね。
とくにソファのカバーは替えがある場合も少なく、カバーの別売りもされていません。汚れがついてしまったら「高価なソファなのにやっちゃった…」とがっかりする前に、まずはできる限りの対処を。
すぐにソファのカバーをはずし、洗剤を入れたタライで汚れ箇所を軽く手洗いしておく、など、少しでもシミを薄くする応急処置を施しておくことが大事です。
もちろん赤ワインの落としにくいシミは、それだけでは完璧には落ちません。
ここで専門家の出番。プロのクリーニング職人はこういった場合、漂白剤を使いこなして対処します。(※綿・ポリエステル製のソファカバーの場合。素材によっては漂白剤が使用できないソファカバーもあります。)
まずはピンポイント的にクリーニングブラシで優しく汚れを浮かしだし、酸素系漂白剤に漬け込みます。一晩漬けて、シミがキレイに落ちたら、しっかり水でゆすいで完了です。

酸素系漂白剤でシミが落ちない場合は、白い生地の場合に限り、塩素系漂白剤を使うことも。酸素系に比べ、塩素系は強力な漂白効果があるので、色柄ものや、生成りのような色のソファカバーには使えません。

塩素系漂白剤使用のシミ抜きは、プロでも非常に難易度が高い技術です。塩素系漂白剤が生地に異常を起こすことがないか、目立たない部分を使って事前にテストしてから、慎重にシミ抜き作業を行います。

ソファーカバークリーニングのプロの技術をもってしても「どんな原因のシミでも汚れでも、完璧にキレイに落としきることが可能ですよ!」とまでは言いきれません。ですが、経験豊かなクリーニング職人の手作業で、大抵のシミや汚れはキレイにすることができるのも事実。ぜひ、ソファーカバークリーニングも、デアにお任せください。