クリーニングカウンセリング 靴・ブーツ

靴・ブーツ

Title 茶色の革のブーツのつま先が黒ずんで、キズもついています。クリーニングとリカラーでキレイになりますか?

気に入っている茶色の牛革製のブーツです。
つま先が黒ずんでいて、キズもついています。ブーツのクリーニングとリカラーをしてもらおうと思っているのですが、キレイになりますか?

ア クリーニングカウンセラーより

履いているうちに黒ずみがついてしまったりキズがついてしまったブーツ。
実際のお品物の状態によって当てはまらない場合もありますが、大抵の場合は、部分的な黒ずみ・細かなキズであればクリーニングとリカラーで十分にリペア可能ですよ。

靴・ブーツのクリーニングとリペアはこのように行います。
デアの靴クリーニングは、靴の状態によって一部例外はありますが、基本的にお預かりしたほぼすべての靴の丸洗いを行います。
靴を丁寧に丸洗いすることで、靴に染みついた汗の成分やイヤなニオイも、さっぱりと落とすことができます。

レザーの靴も、皮革靴の専用洗浄剤を配合した水で丸洗いします。靴の内側も外側も洗ってきちんと汚れを落とした後は、レザー専用の加脂剤に浸して仕上げます。
これは皮革を脂性の液体でリンスするような工程で、皮革を適度に保湿し、洗い上がりの質感がしなやかになるという効果があります。

丸洗いが終わると、乾燥室で時間をかけて低温乾燥させます。高温で一気に乾かすとどうしても靴の素材が傷んでしまうため、手間暇を惜しむことなく、じっくり低温で乾かしていきます。
次はリペアの工程。部分的なキズや黒ずみ、シミ汚れなどが気になる靴には、丁寧にリカラーを施します。リカラーは靴に合わせて顔料もしくは染料の色を絶妙に調合し、ぴったりの色を作り出してから、キズや黒ずみ箇所を隠すように塗っていくという方法。
細い筆やエアブラシを使って、ひとつひとつのキズや黒ずみに着色し、キズや汚れがついていなかった新品当時の靴の状態に近づけるように補修していきます。

全ての工程が終わると、キズやシミ汚れ、黒ずみが補修されて目立たなくなり、靴のニオイや汚れも落ちてさっぱりと仕上がります。

汚れやキズがひどくなりすぎないうちに、こまめなメンテナンスを行えば、お気に入りの靴やブーツと長く付き合うことができます。ぜひ、靴・ブーツクリーニングとリカラーを、デアにお任せくださいね。