服のトラブル・服の緊急事態事例集

事例005 クローゼットにしまったニットが毛玉だらけ!!応急処置で見栄え良くできる?

8月もお盆が過ぎたら、少しずつ夏の終わりを感じ始めるものです。 ニット、セーターなどの季節感が強い衣類は、シーズンオフになるとクローゼットの奥にしまうという人が多いのですが、いざ着てみようと取り出してみると、毛玉がいっぱいついていた・・・ということもあると思います。 着ている時にはあまり気がつきませんが、久しぶりに見てみると「これはちょっとマズいぞ・・・」と焦ってしまいます。 毛玉ができ...続きを読む

事例004 ピロピロわかめ(洗濯槽のカビ)が服についちゃった。どうやって落とせばいい?

洗濯した服に茶色いような黒っぽいようなワカメみたいなものがついてる・・・。 その正体は、洗濯槽のカビです。 ネットでピロピロわかめと呼ばれている厄介者ですが、衣類についてしまったらどうやって落とせば良いのでしょうか? ピロピロわかめの正体はカビ! ピロピロわかめの正体は、洗濯槽からはがれたカビです。 洗濯槽は二層構造になっているので、手が届かないところにカビが生えることはどのご家...続きを読む

事例003 大切なブラウスに汗ジミ(黄ばみ)が!洗っても取れないよ・・・

毎日着る洋服にトラブルはつきもの。 ダメージを残さないためには早めの対処が必要なのですが、ちゃんと洗っていたはずの大切なブラウスやシャツの首元、襟、わきに、いつの間にか汗ジミの黄ばみができてしまうこともあります。 洗濯しても取れない汗ジミは家庭では落とせないのでしょうか?   ブラウス・シャツが黄ばんでいた! ブラウスやシャツを着るとき、あるいは脱ぐときに襟元やわきのシ...続きを読む

事例002 着る予定にしていたニットが洗濯機で!

日々、どこかで起こっている服の緊急事態! 私たちクリーニングのデアは、宅配クリーニング店という立場から、さまざまな状態の服の相談を受けます。 「大事なコートに飲み物や食べ物の汚れがついてしまった!」 「洗濯に失敗して、ワンピースがいたんでしまった!」 「乾燥機にかけたら、大事なシャツがヨレヨレに…!!」 「夏が終わったら汗ジミと変色でシルクのブラウスがダメになってしまった…!...続きを読む

事例001 レストランでトラブル発生 服にシミがついた!

クリーニング屋・デアの目撃した服の緊急事態とは? 現代社会に生きる私たちは、毎日、服を着ます。 仕事に行く日も、休日も、寝ても覚めてもずっと服を着て暮らしています。 しかし、そんななか、大事なおしゃれ着やブランドものの衣類、もしくは一張羅の大切なスーツやコートは、常にいろいろな危険にさらされています。 飲み物や食べ物の食べこぼしや汚れ、洗濯の失敗、乾燥機の失敗、汗ジミ、変色...続きを読む