ランドセルクリーニング・メンテナンス・料金

【料金表】ランドセルクリーニング・メンテナンス(リカラー)

料金は全て税込価格となります。

作業 料金
クリーニング 12,000円~
消臭加工 / 撥水加工 各2,000円~
リカラー(クリーニング込) 18,000円~

表はスワイプできます

  • 上記は概算の料金です。お品物到着後、素材・状態に応じて正式な料金のご案内をさせていただきます。
  • 本革(コードバン・牛革など)以外の「人工皮革」「合成皮革」「特殊素材のランドセル」は、クリーニングは承れますが塗料が定着しないなどの理由でリカラー(補色)をお断りさせていただくことがございます。
ランドセルのクリーニングはぜひデアへ!

ランドセルはお子さまが毎日使うものなので、定期的にお手入れしたいところ。

夏休みの間にキレイにしておきたい!
お下がりのために取っておきたい!

そんな時はぜひ、クリーニングのデアにお任せください!

『クリーニング』で汚れ・においを落としてすっきり清潔!

丸洗いで「クリーニング」

ランドセル内部の鉛筆汚れ 丸洗い i_randoceru_24

お子さまが使うランドセルには、大人の鞄とは違った汚れがつきもの。
最近のランドセルは汚れが付きにくい加工がされていることもありますが、毎日元気に使ってくれるからこそ気になる汚れがあります。

ランドセル内部の鉛筆汚れ。背当てに付く汗汚れ。
デアの丸洗いクリーニングで、キレイにしてみませんか?

雨対策に「撥水加工」

クリーニングの際にオプションの「撥水加工」をプラスすれば、雨や雪の日の登下校でもランドセルのいたみを軽減することができます。

においを防ぐ「消臭加工」

クリーニングに加えてオプションの「消臭加工」をしておくことで、においの定着を防ぎ気持ちよくお使いいただくことができます。

『+リカラー(補色)』でキレイに変身!

当店ではクリーニングだけでなく、気になる擦れ跡・シミ・傷におすすめの「リカラー(補色)」も取り扱っています。
ブランドバッグの補修も手がける熟練の鞄職人が、1点1点丁寧に作業いたします。

※リカラー作業は、本革製品(コードバンや牛革など)や、本革に近い品質の合成皮革等のみ可能です。

ランドセル表側の汚れやすいところ i_randoceru_12ランドセル裏側の汚れやすいところ i_randoceru_11

『+リカラー(補色)』目立つシミや傷におすすめ!

ランドセルの傷を補修して目立たなくします i_randoceru_03ランドセルの傷を補修して目立たなくします i_randoceru_04i_randoceru_07i_randoceru_08

ランドセルを購入するとメーカーの6年間保証がついている場合がほとんどですが、状況によっては保証範囲外になるケースもあります。
機能上問題のない汚れやキズ、故意による油性マジックやボールペンのいたずら書きです。

クリーニングで落としきることのできないしぶといシミ汚れ・スレ・傷には「リカラー(補色)」がおすすめです。

ボールペン・マジックの落書き

ランドセルに付いたボールペン・マジックなどの油性インクは、クリーニングでは落としきれないことも。
やんちゃなお子さまはランドセルに落書きをしたり、キャップをし忘れていたりとハプニングの連続でハラハラしてしまいますが、大丈夫。
クリーニングでは落としきることができない油性インクなどには「リカラー(補色)」が活躍します。

肩ベルトや角のスレ・傷

スレによる汚れや退色が起きやすい、ランドセルの肩ベルト・四つ角部分。
こちらも目立たなくなるよう「リカラー(補色)」での補修が可能です。
経験豊富な技術を持つデアの職人が、業界でも難しいと言われる絶妙な調色(色作り)を駆使して作業にあたります。

作業の際は上から塗料を吹き付けるので、傷も目立ちにくくなります。

白い背あての黒ずみ

背中に密着する背あて。
汗よごれや衣類からの色移りなどが気になりやすい箇所です。
状態を見ながら「漂白」や「リカラー(補色)」することで、ランドセル全体がパッと明るく見えるほど見栄えが良くなります。

『+修理』もご相談ください

ランドセルの小さな革切れやファスナー不良などがありましたら、クリーニングでお預かりの間に修理が可能です。
ご注文の際にご相談ください。

作業風景-1_01

備考

ご注文はこちら