トピックス

クラフトホリックうさぎの抱き枕クッション【綿交換修理】

街の雑貨屋さんで時折みかける、クラフトホリックの抱き枕クッション。 フワフワした手触りの良い素材で作られていて、クッションとして飾ってもぬいぐるみのようにかわいいですよね。 最近では「ご当地クラフトホリック」として限定のクラフトホリックが全国の有名観光地で売られている程の人気ぶりです。 デアはぬいぐるみクリーニングとして、さまざまな種類のクラフトホリックの抱き枕クッションがよく送...続きを読む

布製ソファーカバーを水洗いをして汚れを落としたい!

ソファーカバーの水洗いクリーニングの注文    クリーニングのプロが伝授 ソファーのシミのお悩みを簡単ケアで解決! 暑い季節真っ只中ですが、みなさまいかがお過ごしですか? 最近デアには高級ブランド布製ソファーカバーが送られてきます。 夏休みということもあるのか、 「子どもがジュースをこぼしてしまった」 「ソファーで寝てしまったらソファーが汗臭くなってしまった」 ...続きを読む

ほつれ・ほころび修理(かじられ猫の遊び相手にされた「黄色いおサルさん」)

今回は、大小2体の「黄色いおサルさん」のクリーニングと修理のお話です。 小さいぬいぐるみは頭から足までの長さが約30センチ。大きい方はその約3倍の90センチです。大きい方はぬいぐるみクリーニングだけで修理はありませんが、小さい方の修理のための参考にと、ぬいぐるみ修理工房に送られてきました。 この小さい方の黄色いおサルさんは、猫の遊び相手にされたそうで、かじられたり、引っ掻いたりされアチラコチ...続きを読む

綿詰め・綿補充作業の例

このワンちゃんが前のめりに縮こまってしまったのを補正してほしいという依頼です。 ぬいぐるみを抱きしめたりなど、長くかわいがっているうちに中の綿が縮んで細くなってきます。そのせいで形が崩れてくるのです。綿補充をして姿勢を正します。どこから綿を入れるか。まず綿を入れる場所を探します。 続きを読む...続きを読む

ほつれ、ほころびの修理例 縫い閉じ

クリーニングが終わって、犬のぬいぐるみが修理工房にやってきました。 ほつれ、ほころびの修理依頼です。ほつれ、ほころびが起こる理由は、生地や縫い糸の経年劣化によるものがほとんどですが、毎日かわいがっているうちに、弱ったところが切れてほころんだりします。 続きを読む...続きを読む

布団や絨毯で気になるダニ撃退法

ダニの大量発生を防ぐ唯一の方法 梅雨の時期は要注意! 梅雨本番、ジメジメした天気が続きますがいかがお過ごしですか? 昨日、日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース 知らなかった…危険な食べ物&危険な依存2時間SP」をたまたま観ていたのですが、「一家を襲ったキケンな粉の正体」というニュースではダニの引き起こす恐怖についての内容でダニは本当に怖いなと思われた方もたくさん居たのではないでしょうか。 特に虫や...続きを読む

絨毯の見分け方(高級絨毯・その他絨毯)

フック段通 手織り段通(絨毯)とほとんど変わらない風合いですが、手織りではなく1本針の電動フックガンを使って一針一針打ちつけて作られた絨毯です。 フック段通は、手織り絨毯と風合いが同じなので、ペルシャ絨毯や中国段通と見間違ってしまいます。手織りじゅうたんとの見分け方は、手織り絨毯は表の模様と裏がほぼ同じですが、フック段通の裏は白いコットンで裏張りされています。房(フリンジ)...続きを読む

絨毯の見分け方(折りたためない絨毯・厚型)

ウィルトンA(化学繊維) 手織りじゅうたんの風合いを機械織りで再現したカーペット。ベルギーやトルコで多く生産されています。 ウイルトンカーペットは裏側が固く、表側の柄が透けている感じです。ペルシャ・オリエントの手織りじゅうたんとの違いは、手織りは、表と裏がほぼ同じ模様。また房(フリンジ)がついており、ウイルトンは付いていない。豪...続きを読む

2018年春夏ブライダルトレンドは?

ウエディングドレスはレンタル派?購入派? 初夏を通り越して、真夏の気配を感じる陽気が気持ちいいですよね。 6月はブライダルシーズンとなりますが、結婚式の日は晴れてもらいたいものだと思ってしまいます。 初夏の青い空をバックに、幸せいっぱいのお写真は、思い出に撮っておきたい思う方が多いのではないでしょうか。 自分の個性が出せるウエディングドレス ブライダルの主役は女性ですよね。 そして、主役...続きを読む

絨毯の見分け方(折りたためる絨毯・薄型)

平織り 平織りは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を組み合わせて織ったカーペットで、毛足(パイル)のない平べったいカーペットです。 平織りは、とてもシンプルな織物で裏と表が同じ模様。薄くて簡単にたためます。 ...続きを読む